主題歌も収録してます!『映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム』のサントラ盤

shaun the sheep

明日から『映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム』(15)が劇場公開になりますが、
アードマンのクレイアニメはいつもクオリティ高くていいですね。
大人のワタクシでも楽しめました。
ちなみにTVシリーズの第1シーズンを観ていると、
「あのお婆さん、都会であんな仕事やってたのか!」と分かる小ネタが仕込んでありました。

さて今回はいきなり本題の音楽から入らせて頂きます。
『ウォレスとグルミット』の時はTV版も映画版も同じジュリアン・ノットが音楽を担当しましたが、
(ただし映画版の音楽はハンス・ジマーがプロデューサーとして監修してました)
『ひつじのショーン』はTV版のマーク・トーマスに代わってアイラン・エシュケリが担当することになりました。

そして今回のサントラ盤の最大のセールスポイントは、

映画の主題歌がきちんと収録されている!

…ということなんですねー。

権利関係やら何やらでサントラ盤に主題歌が収録されなかったりすることも多々ありますが、
今回の主題歌はエシュケリもちゃんと曲作りに参加していて、
ティム・ウィーラー(Ash)とニック・ホジソン(元カイザー・チーフス)と3人で書き下ろした曲なので、
サントラ盤にもしっかり収録されることになったというわけです。
そしてこの主題歌「Feels Like Summer」がとってもメロディアスでいい曲なんだなー、これが。
ミュージックビデオの中でベースを弾いているのは、多分エシュケリ本人だと思います。

ポップで、メロディアスで、チャーミングで、
そしてどこかノスタルジックな雰囲気をも感じさせる王道のUKポップス。
映画ではオープニングタイトルでいきなりこの曲が流れて観客のハートを鷲掴みにしますが、
サントラ盤でも堂々の1曲目に収録。
まずはこのキャッチーなポップチューンをご堪能頂きたい。

 

そして2曲目からエシュケリのオリジナル・スコアが収録されているのですが、
映画版『ひつじのショーン』のメインテーマ(2曲目)をよく聞くと、
「Feels Like Summer」のサビの部分のメロディーがちゃんと使われていることが分かる。
(正確には映画のメインテーマを発展させて主題歌「Feels Like Summer」を作ったのだと思いますが)
これによって主題歌と劇中のオリジナル・スコアに一貫性を持たせることが出来たわけです。
そしてエシュケリが歌モノのメロディーにも転用できるような旋律を作り出すことが出来る、
優れたメロディーメーカーであることも証明されたように思うのです。

ちなみにティム・ウィーラーは「Feels Like Summer」でボーカルを務めただけでなく、
オリジナル・スコアの中でもエレクトリック・ギターを弾いています。
一方のニック・ホジソンもイライザ・ドゥーリトルが歌う挿入歌「Big City」の共同作曲を手掛けておりまして、
二人とも単に主題歌を提供してオシマイというのではなく、
きちんと映画の音楽全般に携わってくれているのが嬉しいではありませんか。
本来、主題歌というのはこうあるべきだと思うのですが。

 

…と、まぁ歌モノにばかりつい注目が行ってしまいがちなのですが、
映画版『ひつじのショーン』はオリジナル・スコアもなかなかの粒ぞろいです。
1曲あたりのプレイタイムが長すぎず短すぎずいい感じにまとまっているし、
メロディーも耳馴染みがいいし、
TVシリーズ版『ひつじのショーン』のテーマ曲も流れてくるし、
迫力のフルオケ・スコアも用意されてるし、
スコア盤ビギナーの方にも聴きやすいアルバムになってます。
やはりメインテーマのメロディーがしっかりしているスコア盤はいいものです。

 

日本ではあまり話題になりませんでしたが、
エシュケリは元レイザーライトのアンディ・バロウズと曲を書いた『スノーマンとスノードッグ』(12)のオリジナル・スコアも抜群によかったし、
2度の作曲家交代劇を経て登板した『47 RONIN』(13)でも、
厳しい製作スケジュールの中で記憶に残るようなメインテーマを作り上げているので、
個人的にかなり好きな作曲家さんの一人です。

初めてこの人の音楽に注目したのは『レイヤー・ケーキ』(04)の時でしたが、
その後の『スターダスト』(07)のシンフォニックな音楽が最高に良かった。
『ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬』(11)のド派手な音楽もいいけど、
『アリスのままで』(14)の室内楽的な音楽も素晴らしい。

なお今回のサントラ盤は書き下ろしの主題歌は全て収録しておりますが、
既製曲は権利関係の都合上(←だと思う)入っておりませんので、
そのへんの未収録曲については次回書かせて頂きたいと思います。

 

『映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム』オリジナル・サウンドトラック
音楽:アイラン・エシュケリ
レーベル:Rambling Records
品番:RBCP-2910
発売日:2015/07/15
価格:2,400円(+税)

 

Mychael Danna & Jeff Danna『A Celtic Romance』好評発売中!
レーベルショップ
iTunes A Celtic Romance: The Legend of Liadain and Curithir - Mychael   Danna & Jeff Danna

関連する投稿