フレンチトースト食べ歩きメモ その23:アマンド 六本木店 編

先日…と言っても1ヶ月ちょっと前の話になりますが、
六本木エリアで仕事があったので、
待ち時間を利用して「アマンド 六本木店」へ行ってきました。

アマンド名物リングシュークリーム。これがまた美味。

アマンドは去年70周年企画の「あごぱんカフェ」をやっていた頃に一度行っていて、
その時は「これを食べずしてアマンドは語れない」的な看板メニューのリングシュークリームを頂いたのですが、
メニューにあったフレンチトーストも何だかすごく美味しそうだったので、
今度行った時は是非頂いてみようと考えていたのでした。

 

しかしながら「アマンド昭和食堂」の昭和ノスタルジーを刺激する洋食メニューも実に美味そうでして、
ボリューム的に洋食メニューとフレンチトーストを一度に食べるのはさすがに無理なので、
どちらにしようかな~と決意が揺らいだりもしたものの、
初志貫徹でフレンチトーストをオーダーしたのでした。
何種類かあるうちの「ミックスフルーツのフレンチトースト」を選択しました。

ミックスフルーツのフレンチとスト。見ただけで嬉しくなるビジュアル。

そして運ばれてきたのがこちら。
麻布十番モンタボーこだわりのデニッシュパンを贅沢に2枚使ってます。
季節によって種類が変わるらしいミックスフルーツは、
イチゴ・ラズベリー・ブルーベリー・キウイフルーツに黄桃でした。
アパレイユがパン生地の奥までしっかり染みこんでいるタイプのフレンチトーストでした。
2段重ねということもあって、これで十分お昼ごはん(ブランチ)になるボリュームでした。
ふわとろ食感が存分に楽しめてこいつぁウマい。
デニッシュ生地のフレンチトーストというと以前仙台の「カフェ パティーナ」でも頂きましたが、
アマンドのほうがふわとろ度高めかなという感じ。
焼きプリン的な味わい。

 

フレンチトーストを横から見た図。デニッシュ1枚につき厚さ3cmはあったかな…?

…と、普通のフレンチトーストでもプリンのような味わいが楽しめるのに、
アマンドではさらに「プリンみたいなフレンチトースト」というメニューがあるらしい
こちらはグラタン皿で8分ほどオーブンで焼き上げて作るようで、
熱々のトーストに冷たいアイスクリームひと玉が標準装備のようですねー。
(それに加えて季節のフルーツやあずき、モンブランなどがトッピングされる模様)
こっちのフレンチトーストもすごく気になります。
これは次回訪問時のお楽しみですかね。

アマンドはピンクを基調とした店構えゆえ、
「自分みたいなアラフォー男が入ってもいいのかしらん」と思っていたのですが、
1946年創業の老舗ゆえ客層も幅が広かった(思ったよりオトナなお客様も多かった)ので、
案外ワタクシみたいな男でも入りやすかったので、
六本木界隈で用事がある時はちょくちょく利用したいなーと思いました。

 

■Shop Information
アマンド 六本木店
場所:東京都港区六本木6-1-26
お店のホームページ: http://www.roppongi-almond.jp

 

Daryl Hall & John Oates 関連商品 好評発売中!

■Eliot Lewis / 6 & One
レーベルショップ
iTunes
6 & One - Eliot Lewis

■Eliot Lewis / Enjoy The Ride+Master Plan
レーベルショップ
Enjoy The Ride (iTunes)
Enjoy the Ride - Eliot Lewis

Master Plan (iTunes)
Master Plan - Eliot Lewis

■Charlie DeChant / Like the Weather
レーベルショップ
 iTunes
Like the Weather - Charlie DeChant

関連する投稿