『バリー・シール アメリカをはめた男』サントラ盤収録曲を駆け足で全曲紹介してみるの巻

ランブリング・レコーズ様からのご依頼で、
『バリー・シール アメリカをはめた男』(17)のサントラ盤にライナーノーツを書かせて頂きました。

先日劇場でパンフレットを買ってきたのですが、
これだけ劇中で懐メロをガンガンかけていたのに、
音楽についてコラムでほとんど触れられていなかったので、
(Hooked On Classics Part 1 & 2について少し言及していたけど)
ワタクシがこの場を借りて全曲ざっくりご紹介させて頂こうかなと。

ちなみに個人的な推し曲については前回のブログでご紹介したので、
こちらも併せてご覧頂ければと思います。

 

なおamazonのカスタマーレビューなどでツッこまれる前に補足させて頂きますが、
トーキング・ヘッズのSlippery Peopleとジョージ・ハリソンのWah-Wahはアルバム未収録なので、この2つの曲については何らかの手段を用いて補完して頂ければと思います。

 

では前回のおさらいということで、まずは収録曲から。

1. A Fifth of Beethoven / Walter Murphy & The Big Apple Band
2. One Way Out / The Allman Brothers Band
3. Blue Bayou / Linda Ronstadt
4. Seguro Lo Hara Otro / John Ever Villa
5. Black Widow Blues / Townes Van Zandt
6. Hooked On Classics (Part 1 & 2) / Louis Clark & The Royal Philharmonic Orchestra
7. I Don’t Need You / The Troyes
8. Loud N’ Restless / Loosely Tight
9. What Makes A Good Man? / The Heavy
10. What Now? / Christophe Beck (Score)
11. Sandanistas y Reagan / Christophe Beck (Score)
12. Heading to the States / Christophe Beck (Score)

 

A Fifth of Beethoven(運命’76)は映画のオープニングを飾った曲。
交響曲第五番「運命」のディスコバージョンというだけでも十分キャラが立ってるのに、
ユニバーサルスタジオのロゴ音楽を遮って曲が流れ出す」という最高にインパクトのある使われ方をしてました。
ちなみに作曲者のウォルター・マーフィーは、
『サタデー・ナイト・フィーバー』(77)のサントラ盤ライナーノーツでは完全に一発屋扱いされてました。

オールマン・ブラザーズ・バンドのOne Way Outは、
CIAのシェイファーにスカウトされたバリー・シールの偵察ミッションの時に流れていた曲。
ツインギターとツインドラムが繰り出すグルーヴがアツい名曲ですが、
劇中ではそのまま曲を流すのではなく、
ギターリフ部分を強調した編集が加えられていた模様。

リンダ・ロンシュタットのBlue Bayouは、
バリーがオチョア邸に連れて行かれた時にかかっていた曲。
この泣けるバラードをバックに、
バリーに麻薬の運び屋ミッションを強要するという、
曲とのギャップが激しすぎるブラックな笑いを提供しております。

John Ever VillaのSeguro Lo Hara Otroは、
密輸ミッション大成功でお祝いムードのオチョア邸でかかっていた曲。
John Ever Villaはコロンビアのインディー・バンドです。
この時代(70年代後半)だったらデオダードとかモンゴ・サンタマリアとかのメジャーな曲を使ってもよさそうな感じですが、
まあ予算の問題とかライセンスの事情とかいろいろあるのでしょう。
あるいはマイナーでもいいから”コロンビアのバンド”にこだわりたかったのか。

タウンズ・ヴァン・ザントは前回のブログでご紹介したとおり。
シール一家がルイジアナ州バトンルージュからアーカンソー州ミーナに引っ越す道中でこの曲が流れてました。
カントリー系ミュージシャンの曲を象徴的に流すことによって、
「シール一家は田舎町に引っ越してきました」的な状況を説明する音楽演出と言えるでしょう。

ルイス・クラークのHooked On Classics (Part 1 & 2)は、
密輸ビジネスが大成功で我が世の春を満喫中のバリーのモンタージュ映像のシーンで使われてました。
超有名クラシック曲のフレーズが次から次へと登場するアップテンポで祝祭性にあふれた曲なので、
こういう画面の切り替わりが早いモンタージュ映像とも相性抜群でした。
(個人的にはこういうアレンジのクラシックを聴くと『パロディウスだ!』の音楽を思い浮かべてしまうのですが)

なぜこの曲だけパンフで紹介されたのかなと思ったのですが、
多分「史上最も売れたクラシックのアルバム」というギネス記録があるからではないかと。

ザ・トロイズのI Don’t Need Youは、
バリーのダメ義弟JBが格納庫でダラダラ仕事をしている時にかかっていた曲。
問題児のJBの存在自体がバリーからすれば「I Don’t Need You」という暗示なのかも。
(あるいは単なる偶然かも…)

で、そのJB役のケイレブ・ランドリー・ジョーンズは、
役作りで80年代のロックを聴きまくって、
アリス・クーパーやアンドリュー・ダイス・クレイを参考にしたそうですが、
そんな彼が劇中の車の中で聴いていたのが、
アリゾナ出身のB級ハードロック・バンド、ルーズリー・タイトの曲。

劇中で聴いていたのはRenegadeという曲だったのですが、
なぜかサントラ盤に収録されたのはLoud and Restlessという別の曲。
まあ「間違って収録した」という可能性は低いので、
ポスプロの段階で曲を差し替えたのかもしれません…が、真相は不明。

ザ・ヘヴィーのWhat Makes A Good Man?は前回ブログでご紹介したとおり。
この曲についてはあんまり書きすぎるとネタバレになってしまうので割愛。
曲タイトルや歌詞の内容も含めて、いろいろ考えさせられる曲ですよ。

そして今回のクリストフ・ベックのスコアは完全にギターロック・インスト。
劇中では1分~2分くらいのスコアがもっと使われていましたが、
その中からインパクトのあるスコアを3曲セレクトした感じ。
12曲目のHeading To The Statesのギターリフが事実上の本作のメインテーマかなと。

 

未収録曲もいくつかありますが、
印象的な場面で使われた曲や、
映画の中で長めの時間流れた曲はバッチリ押さえてあるので、
極めて満足度の高いコンピレーション盤ではないかと思います。

『バリー・シール アメリカをはめた男』オリジナル・サウンドトラック
音楽:ヴァリアス(クリストフ・ベックほか)
レーベル:Rambling RECORDS
品番:RBCP-3219
発売日:2017/10/18
定価:2,400円+税

Daryl Hall & John Oates 関連商品 好評発売中!

■Eliot Lewis / 6 & One
レーベルショップ
iTunes
6 & One - Eliot Lewis

■Eliot Lewis / Enjoy The Ride+Master Plan
レーベルショップ
Enjoy The Ride (iTunes)
Enjoy the Ride - Eliot Lewis

Master Plan (iTunes)
Master Plan - Eliot Lewis

■Charlie DeChant / Like the Weather
レーベルショップ
 iTunes
Like the Weather - Charlie DeChant

関連する投稿