『ユダヤ人を救った動物園』の音楽がハリー・グレッグソン=ウィリアムズというのはちょっと意外だった、という話。

ランブリング・レコーズ様からのご依頼で、
『ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命』(17)のサントラ盤にライナーノーツを書かせて頂きました。

ワタクシ、ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ(以下HGW)のサントラ盤ライナーノーツは何度か書かせて頂いておりまして、
古くは『ヴェロニカ・ゲリン』(03)や『マイ・ボディガード』(04)、
『プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂』(10)を経て、
DSDリマスター盤の『シュレック』(01)に最近だと『イコライザー』(14)という感じなのですが、
「HGW=アクション映画への登板が多い作曲家」というイメージなので、
この映画の音楽を手掛けることになったのはちょっと意外でした。

 

近年HGWは『ブラックハット』(15)の「本人の知らぬ間にほぼ全曲スコア差し替えトラブル」や、
『エイリアン:コヴェナント』(17)のプロジェクト離脱など、
何だか気の毒な扱いを受けることが何度かありました。
そんな中、キャサリン・ハードウィック監督の『マイ・ベスト・フレンド』(15)の音楽を担当して、
本作で再び女性監督(=ニキ・カーロ)の作品に登板したというのが興味深い。
女性監督による、女性主人公のヒューマンドラマ作品で、
アクション映画の世界からちょっと離れて、
自分の音楽に更なる磨きをかけてみようと思ったのか。
(ジョン・パウエルもそういう時期がありましたし)

 

そうは言っても、これまでトニー・スコット映画などでバリバリのアクション・スコアを鳴らしていた彼が、
「武力ではなく”全ての命は等しく守られるべきもの”という強い信念と優しさでドイツ軍と戦った女性」を
どう音楽で描くのか興味津々なわけです。

で、ライナーノーツを書くにあたってアルバムをじっくり聴いてみたのですが、
いつものキレッキレのアクション・スコアとは趣を異にするものの、
サウンド的には”HGWらしさ”がしっかり感じられる音楽になってました。

どのあたりが「HGWらしい」のかと申しますと、
電子楽器/電子音の導入具合。
第二次世界大戦の頃の話だから、
アコースティックなオーケストラ・スコアで行くのかなーと思ったのですが、
結構な割合で電子音を使ってます。
シンセ系のもわっとした重低音やマーティン・ティルマンのエレクトリック・チェロを使っているし、
デヴィッド・トーンを彷彿とさせるアンビエント系のループギター・サウンドを鳴らしていたりします。
ピアノ演奏はHGW自らが担当。

で、ワタクシこのアルバムを聴いているうちにふと思ったのですが、
『ユダヤ人を救った動物園』の音楽は前述の『ヴェロニカ・ゲリン』や、
HGWの初期作『陰謀のシナリオ』(97)に近いものがありますな。

奇しくもどちらも女性が主人公の作品ですが。
こういう路線のHGWの音楽は最近ほとんどお目にかかれなかったので、
(強いて言うなら2007年の『ゴーン・ベイビー・ゴーン』がこの路線に近いか?)
「普段と違うHGWサウンド」が聞けるという点では資料的価値の高いアルバムになってます。

エコノムたそ。

ワタクシ文字数の都合でライナーノーツにはあまり書けませんでしたが、
この映画で追加音楽の作曲を手掛けたステファニー・エコノムという女性作曲家に注目しておりまして、
彼女は現在HGWのもとでアシスタントとして修行中のようなのですが、
そのうちぐーんと伸びてくるのではないかと思っております。
来年か再来年ぐらいには、
HGWプロデュースのもと、彼女単独名義でインディペンデント映画の音楽を手掛けているかもしれませんよ。
女性作曲家の方には頑張って頂きたいなーと思っているので、
エコノムさん、個人的に応援してます。

…というわけで、ステレオタイプな「女性主人公の実録ドラマ」とは一線を画するサウンドに仕上がっておりますので、
是非こちらの映画のサントラ盤を手に取って頂ければと思います。

『ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命』オリジナル・サウンドトラック
音楽:ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ
レーベル:Rambling RECORDS
品番:RBCP-3228
発売日:2017/11/29
定価:2,400円+税

 

 

Mychael Danna & Jeff Danna『A Celtic Romance』好評発売中!
レーベルショップ
iTunes A Celtic Romance: The Legend of Liadain and Curithir - Mychael Danna & Jeff Danna

関連する投稿