『ブレードランナー2049』の限定版サントラが届きました。

クリスマスイブの夜、
かねてより予約注文していた『ブレードランナー2049』(17)の限定版サントラが届きました。
いやーーーーーー長かった。
この日をどんなに待ち続けたことか…。

当初「ブレラン2049のサントラ盤は映画公式サイトでの枚数限定リリースのみ!通常盤が出るか分かりません!」…というような情報が発信されて、
ブレランとジマーさんが大好きな自分は即座に予約注文したわけですよ。

<映画公開前の情報の一例>
映画『ブレードランナー 2049』のサントラ CD版は限定2049枚のみ – amass
http://amass.jp/95086/

 

しかし後になって通常盤がリリースされると分かって「しまったー先走ったーー」とちょっと後悔したのですが、時すでに遅し。
amazonやタワレコでブレラン2049の通常版サントラが「在庫あり」になっているのに、先行予約した自分の手元には未だに限定盤が届かないというこの苦しみ。

「もうサントラがダブっちゃってもいいから通常盤買っちゃおうかな…」と何度思ったことか。
我慢に我慢を重ねて約2ヶ月。
でも、そんな思いも今日限りなんだねぇ~~~~!!
(『うる星やつら』のメガネさん風に)

 

さて限定盤と通常盤の違いですが、
限定盤は観音開き型のデジパック仕様です。
デジパックを広げると「メビウスアパート」の看板が見えるようになっていて、ちょっとニクいデザイン。

収録曲は通常盤と同じですが、
ブックレットの表1デザインがジャケ写と違うものになってます。

あとデジパック裏にナンバーが金色で刻印されているのですが、
ワタクシのサントラは0753番でした。
何の語呂合わせにもならないフツーの番号でスイマセン。
収録曲的には通常盤と全く同じなので、
よほどこだわりがない限りは通常盤を買って頂いて全く問題ないと思います。

ブルーレイ&DVD化も早いですね。。

 

いやしかし、音楽担当がヨハン・ヨハンソンからハンス・ジマー&ベンジャミン・ウォルフィッシュに交代した時は一体どうなるかと思いましたが、
しっかり『ブレードランナー』の音楽になっていたので、これはこれで全然オッケーでしょ!という感じです。
ドスの効いたアナログシンセサイザーの音の洪水がたまりません。
『チャッピー』(15)でアナログシンセ音楽のウォーミングアップを済ませていただけあって、よく出来たスコアになってます。

本作や『ダンケルク』(17)など、近年旋律的な魅力を(意図的に)欠いた実験的な音楽の制作に余念がないジマーさんですが、
これが近年のクリストファー・ノーランやドゥニ・ヴィルヌーヴのような鬼才監督が求める音ということなのでしょう。
(それを考えると『チャッピー』はあれで結構メロディアスだったなーと思ったり)

まあジマーさんは『ボス・ベイビー』(17)で”マッツぁん”ことスティーヴ・マッツァーロと一緒に派手にスコアを披露しているので、
「ハジけたジマーさんの音楽が聴きたいよ!」という方はこちらも是非。

 

Mychael Danna & Jeff Danna『A Celtic Romance』好評発売中!
レーベルショップ
iTunes A Celtic Romance: The Legend of Liadain and Curithir - Mychael Danna & Jeff Danna

関連する投稿