Rambling RECORDSさんの「サウンドトラック Rare 25」シリーズで5タイトルのライナーノーツを担当しました。

ランブリング・レコーズ様からのご依頼で、
Varese Sarabandeのレアなサントラ25タイトルを復刻する「サウンドトラック Rare 25」シリーズの5タイトルのライナーノーツを書かせて頂きました。

ランブリングさんは以前も「サウンドトラック傑作選50」や、
「サウンドトラック名作選35」といったシリーズで往年の名盤・近年の佳作盤をリイシューしていましたが、
今回は「Rare 25」銘打たれているだけあって非常にマニアックなラインナップが並んでいます。

まずはランブリングさんのサイトのお知らせページでラインナップをご確認頂きたい。

http://www.rambling.ne.jp/new/news-5735/

ど~ですかこのシブくてマニアックなタイトル群は!
ワタクシ去年『スリー・ビルボード』(17)の試写を終えた日にランブリングさんからこちらのお仕事の依頼を頂いたのですが、
先方から復刻タイトルを聞いた時に「これはまた随分マイナーなタイトルを発売されますなー(素敵です!)」と思ったものです。

 

大手レコード会社が行うサントラ低価格リイシュー企画だと、
「誰もが知ってる映画」や「主題歌がヒットした映画」のサントラを1,000円台で発売したりしますが、
今回の「Rare 25」で取り扱うタイトルはそれとはひと味違う作品ばかり。

「あの時サントラを買いそびれたけど、今さら欲しくなってもマニアックすぎて再販とか絶対かからないよね…」と何年も半ば入手を諦めていたような作品があれもこれも2,000円+税で(しかもUHQCD仕様で)手に入ってしまうという、
サントラマニアが泣いて喜ぶ「かゆいところに手が届く復刻シリーズ」になっているのです。

ほかの大手レコード会社だったら「採算が取れないから再販は見送り」と即断してしまうようなタイトルを、
ランブリングさんはわざわざUHQCD仕様で復刻してしまうわけで、

さすがランブリング・レコーズ!
ほかのレコード会社にできない事を平然とやってのけるッ
そこにシビれる!あこがれるゥ!

…と最高にハイな気分で叫びたくなるシリーズでございます。

 

で、ブログのトップの写真にもありますように、
ワタクシは25作品のうち5タイトルのライナーノーツを担当させて頂きました。

ジョン・パウエルの『I am Sam アイ・アム・サム』(01)のスコア盤、
クラウス・バデルトの『タイムマシン』(02)
ロルフ・ケントの『空飛ぶペンギン』(11)、
ジョン・パウエルの『ブルー 初めての空へ』(11)のスコア盤、
ジョン・パウエルの『ロラックスおじさんの秘密の種』(12)スコア盤の5つです。

以前からジョン・パウエル好きを公言していたせいか、
先方のご厚意でパウエル作品を全部任せて下さった感じですかねー。
バデルトの『タイムマシン』も個人的にとても思い入れのある作品でしたし、
ケントの『空飛ぶペンギン』も震災の年からずっと温存していたデータがあったので、今回の復刻企画で7年寝かせていたネタがやっと使えました。

自分がライナーノーツを書かせて頂いた個々の作品については、
時期を見てブログでチビチビとご紹介していこうと考えております。

「サウンドトラック Rare 25」シリーズは3/7に全25タイトル同時リリース。
ランブリング・レコーズの制作担当の方も、
入稿ギリギリまでかなり頑張って作業していらっしゃったので、
ひとりでも多くのサントラリスナーの方に、
ランブリングさんのスタッフの皆さまや、
ワタクシも含むライナーノーツを書いたライターの皆さんの熱意と”サントラ愛”が伝わればと思います。

 


 

Mychael Danna & Jeff Danna『A Celtic Romance』好評発売中!
レーベルショップ
iTunes A Celtic Romance: The Legend of Liadain and Curithir - Mychael Danna & Jeff Danna

関連する投稿