【ガンプラネタ】バリエーションにて候 HGUC EWACジェガン

先日HGUCジェガンD型 迷彩仕様のブログを書きましたが、
せっかくなのでゴールデンウィーク最終日にHGUC EWACジェガンも組み立てました。

コイツは迷彩ジェガンのような面倒くさい水転写デカール貼りもしなくていいし、
サクッと組めるだろうと考えたわけです。

実際、数あるジェガンのバリエーションキットの中でも結構いいデキでした。

キットはエコーズジェガンをベースに頭部センサーユニット、
右腕のカメラユニット、左腕のセンサーユニット、
ビームライフルを懸架可能な腰パーツなどが新規に付属するわけですが、
プレバンアイテムの割には新規パーツの色分けが結構しっかりしていて好印象。

 

改造して楽しむ時にいろいろ使えそうな穴。

ワタクシ「頭部パーツの濃い緑色の部分はシールで賄え」という仕様だと思っていたのですが、
シールは後部の1箇所だけで、側頭部の濃い緑の部分はちゃんとパーツ分けされてました。
しかもパーツをハメて隠れてしまう部分にも凝ったモールドが彫られていて、妙に力が入ってます。
(大型頭部パーツの裏面もかなりモールドが彫られているのでスミ入れしてやるとよいでしょう)

そして両腕に取り付けるユニットもちゃんと2色・3色に色分けされてました。
ワタクシ、当初はこのパーツも白一色とか緑一色になるんじゃないかと思ってました。
ひとつ難点を挙げるとすれば、左腕のセンサーユニットに目立つ肉抜き穴があることですかね。。

右腕のカメラユニットで撮影したデータを、左腕のセンサーユニットでネェル・アーガマへ送信(レーザー通信?)していたものと考えられます。

ジェガンの目はクリアパーツが使われていましたが、
EWACジェガンはクリアパーツを使わないホイルシール仕様。
ここもちょっと残念ですが、まああまり目立たないのでこれでもいいかなと。

 

何しろこういう形状の頭部なので、肩はほとんど上がりません。
しかし肩カバー(と言うのだろうか?)が稼働するようになっていたりして、
一定の可動範囲を保とうという作り手の試みは感じられます。
カメラユニットに貼る立体感のあるテトロンシールもいいですね。

ビームライフルが懸架できるのが地味に嬉しい新規腰部パーツ。

ワタクシ、EWACジェガン通算が15体目のジェガンのガンプラになるのですが、
作っていて2番目くらいに楽しかった&満足度の高いジェガンだったような気がします。

■我が家にあるジェガンのプラモ一覧

1. ノーマルジェガン(『逆襲のシャア』版)
2. F91版ジェガン(ノーマル/Aタイプ/Bタイプ)
3. ジェガンD型×2
4. ジェガンD型 エコーズ仕様×2
5. ジェガンA2型
6. ジェガンD型 エコーズ仕様・コンロイ機×2
7. スタークジェガン
8. プロト・スタークジェガン
9. ジェガンD型 迷彩仕様
10. EWACジェガン

一番作るのが楽しかったというか、
「立体化待ってました!」という気持ちが強かったのは、
やっぱりジェガンD型だったかなぁ、と。
ちなみにエコーズジェガンをそれぞれ2個買いしているのは、
バイザーを上げたバージョンと下ろしたバージョンを飾りたかったからです。

EWACジェガンを組み立てていて、
ジェガンは機体色から赤がなくなっただけで、
(口・コクピットハッチ・股間のエンブレム部分)
結構シックな色使いになるのだなーと妙な発見をした次第。

ジェガンD型といっしょ。

迷彩ジェガンはデカール貼りがとにかく苦行というキットでしたが、
EWACジェガンはそれほど手がかからない好キットでした。
ワタクシはあまりゴテゴテさせたくなくてあまり貼りませんでしたが、
付属のリアルタイプ指向のシールも結構充実しているので、
余ったらほかの連邦軍系量産機に貼るのもよろしいかと。

 

Daryl Hall & John Oates 関連商品 好評発売中!

■Eliot Lewis / 6 & One
レーベルショップ
iTunes
6 & One - Eliot Lewis

■Eliot Lewis / Enjoy The Ride+Master Plan
レーベルショップ
Enjoy The Ride (iTunes)
Enjoy the Ride - Eliot Lewis

Master Plan (iTunes)
Master Plan - Eliot Lewis

■Charlie DeChant / Like the Weather
レーベルショップ
 iTunes
Like the Weather - Charlie DeChant

関連する投稿