スリルと興奮が加速する! 『トレイン・ミッション』の音楽は反復サウンドで攻めまくるというお話。

ランブリング・レコーズ様からのご依頼で、
『トレイン・ミッション』(18)サントラ盤のライナーノーツを書かせて頂きました。

ワタクシ以前『アンノウン』(11)『フライト・ゲーム』(14)のライナーノーツも書かせて頂いたので、
またジャウマ・コレット=セラ×リーアム・ニーソンのタッグ作品のサントラの仕事が出来て嬉しかったです。
しかも音楽担当が『オールド・ボーイ』(13)のロケ・バニョスということで、
これまた以前ライナーノーツを書かせて頂いた作曲家で嬉しさ倍増でございました。

ところで「『アンノウン』も『フライト・ゲーム』もジョン・オットマンだったのに、何で今回はロケ・バニョスなの?」…と思われる方も多いのではないでしょうか。
その理由は二つほどありまして、
まず今回はプロデュースがジョエル・シルバーではないから。
(オットマンは『ゴシカ』(03)や『キスキス,バンバン』(05)、『インベージョン』(07)などシルバープロデュース作品の常連作曲家でもあります)
そして『トレイン・ミッション』は英国で撮影しているので、
ヨーロッパを拠点に活動している作曲家の方が、
製作にあたって何かと都合がいいという事情もあったのだと思います。
(バニョスはコレット=セラと同じスペイン系)

 

続きを読む スリルと興奮が加速する! 『トレイン・ミッション』の音楽は反復サウンドで攻めまくるというお話。