AFTER SCHOOL HANGOUTのブルーノート東京公演を観てきました。

先日お休みを頂きまして、
ブルーノート東京で行われたAFTER SCHOOL HANGOUT(以下ASH)を観てきました。

「林立夫と沼澤尚のふたりが、学生時代に放課後夢中になっていた60~70年代のポップス&ロックナンバーを中心に演奏するライヴ・プロジェクト」ということで、
日頃映画のサントラでこの時代の洋楽を耳にする機会も多く、
幸宏さんがヴォーカルで参加していることもあって、
ASHには以前から興味がありました。

しかし会場のブルーノート東京というのが、
地方の人間(子供の頃は東京に住んでたけど)にはどうにも行きづらい印象があって、
行きたいなー、でもなぁーという感じでこれまでずっと躊躇しておりまして。
でもまぁ自分ももういい歳だし、
音楽経験値を上げる意味でもブルーノートを経験しておくのもいいかなと思いまして、
思い切って行ってきたのでした。

 

続きを読む AFTER SCHOOL HANGOUTのブルーノート東京公演を観てきました。

『男と女』、そしてピエール・バルー氏の思い出

barouh01

2016年は有名ミュージシャンの訃報が続いた年でしたが、
年の瀬になってピエール・バルー氏の訃報まで聞くことになるとは…。

先日チネ・ラヴィータで『男と女』(66)のデジタル・リマスター版を観て、
「ああ、やっぱりこの映画はいいなぁ」と余韻に浸っていただけに、
この知らせはショックが大きすぎますね…。

 

続きを読む 『男と女』、そしてピエール・バルー氏の思い出

「METAFIVEはいいぞ」のひと言で片付けたいほどMETAFIVEにハマった。

metafive

先週の木曜日にMETAFIVEのライブに行ってきたのですが、
当方の想像以上にハイセンスでノリノリな内容でした。

幸宏さんのキレッキレ&デカ音ドラムで身体の芯まで揺さぶられて、
エレキギターと電子音のシャワーをめいっぱい浴びて、
LEO今井のロックで熱いヴォーカルに一瞬でハートをカツアゲされて、
終演後には完全にMETAFIVEの虜というか、
完全にノックアウトされておりました。

続きを読む 「METAFIVEはいいぞ」のひと言で片付けたいほどMETAFIVEにハマった。

2014年 買ってよかったなーと思ったアルバム5選

avonmore_playland

2014年も残すところあと数日ということで、
何か総括的な内容のものを書こうかと思った午後の昼下がり。
とりあえず今年買ったアルバムで「これはよかった!」というものを5つ挙げてみました。
個人的に気に入ったアルバムを5つ挙げただけなので、
ランキング的な格付けはしてません。
あと、サントラ盤は入っていないのであしからず。

続きを読む 2014年 買ってよかったなーと思ったアルバム5選

高橋幸宏 Especial Live HEART OF HURT 2014に行ってきたよの巻

heart_of_hurt_2014_01
今回の東京公演のライブ会場、
キリスト品川教会 グローリア・チャペル

運良くチケットの抽選に当たったので、
幸宏さんのスペシャルなライブ「Heart of Hurt 2014」に行ってきました。

“Heart of Hurt”といえば、
1993年リリースの激シブ・アコースティック・セルフカヴァー・アルバムと同タイトル。
「それじゃあ今回は佐橋佳幸氏と堀江博久氏の3人でアコースティックなライブを演るのかな?」
…と思ってしまうわけですが、いろいろと予想外の展開が待っていて、
うーん、なかなか楽しいライブだったなぁ、と仙台に戻ってからひとりニンマリとしてしまうのでした。

幸宏さんはツイッターで「ゆるーい感じでやります」と念を押していたし、
堀江さんは冊子に「なんだかいつもと違う感じ」
「何が起きるのか楽しみで仕方がない」とコメントを寄稿していたのですが、
実際そんな感じのライブになってましたね…。

続きを読む 高橋幸宏 Especial Live HEART OF HURT 2014に行ってきたよの巻