2021年最後に買ったサントラ盤(『ラブ・アクチュアリー』スコア盤/『クエスト・オブ・キング 魔法使いと4人の騎士』)

11月の中あたりから怒涛の原稿締切ラッシュが続いておりまして、ブログの更新が思いっきり滞っております。
毎日のように原稿を書いていると、仕事がひと段落する頃にはブログまで書こうという気がなくなるんですよね…。
とにかく時間がないのでゆっくり映画を観ることもままならず、気分転換にEテレの15分番組を観るのが精一杯という状態。

そんなわけで、最近買ったサントラ盤をご紹介して(…と言っても2枚だけですが)2021年最後のブログにさせて頂きたいと思います。

■その1:『ラブ・アクチュアリー』(03)スコア盤

クレイグ・アームストロングの音楽をこよなく愛するアームストロンガーとしては、映画の公開当時から発売してほしいと思っていた『ラブ・アクチュアリー』のスコア盤。

当初の予定より発売日が延びたということで、クリスマスの日に手に入ればいいネタになったのですが、このアルバムと”おまとめ発送”にしていた某サントラ盤も入荷が延びに延びまくったので、おとといになってようやく手に入りました。。

スコア盤の宿命である「コンピ盤に比べてジャケ写が地味」という件ですが、このアルバムに関して言えばジャケットがリバーシブル仕様になっているのが密かに嬉しい

コンピ盤では数曲しか聴けなかったアームストロングのスコアが60分近く聴けて幸せです。

続きを読む 2021年最後に買ったサントラ盤(『ラブ・アクチュアリー』スコア盤/『クエスト・オブ・キング 魔法使いと4人の騎士』)

BLURの新譜が思った以上にポップで安心したというお話

the magic whip

ジャケ写がコレだし、
先行シングル「Go Out」のミュージックビデオがあんな感じだったので、
期待半分・不安半分という状態だったブラーのニューアルバム『The Magic Whip』。
発売日当日にタワレコで購入して約1ヶ月が経ちましたが、
今回のアルバムは個人的にかなり気に入ってます。

中国語のジャケット(裏面とか背面のデザインも限りなく中国的)、
香港のスタジオでのレコーディング、
トラック10のPyongyangという曲タイトルから、
『モンキー:ジャーニー・トゥ・ザ・ウエスト』とかゴリラズのHong Kongみたいな曲が多いのかなとか、
政治風刺ソングが多いのかなとか、
当初は何かと不安要素が多かったのですが、
いざアルバムを聴いてみたら、なかなかポップな曲が詰まっているじゃありませんか。

続きを読む BLURの新譜が思った以上にポップで安心したというお話

BLURの武道館公演が素晴らしすぎた。2階席でも大満足!行ってよかった!

blur_budokan2014

仕事がモーレツに忙しい状態にもかかわらず、
ブラーの日本武道館公演を見に行って参りました。

運良くチケットの抽選に当たって、
いざセブンイレブンでチケットを引き替えたら、
どう考えてもステージから遠そうな某方角の2階席。
これじゃあデーモンさんが親指の第一関節ぐらいの大きさにしか見えないよ…
などと思っていたのですが、
2階席だろうが何だろうが仙台から遠出して見に行く価値のあるライブでした。

 デーモンさんが跳ねる!走る!
ドラムセットによじ登って後ろ向きに飛び降りる!
最前列のお客さんに水を撒く!
フィル・ダニエルズとフザケ回る!
グレアムのエキセントリックでノイジーなギターが唸る!
涼しい顔したアレックスのベースがウネウネうねる!
うつむき加減のデイヴのドラムがハジけまくる!
コンサートであり、シアトリカルなショウでもあり、
観客全員を巻き込んだ大音楽会でもあり…。
いやもう誇張でも何でもなく、「生きててよかった」と思いましたね…。

続きを読む BLURの武道館公演が素晴らしすぎた。2階席でも大満足!行ってよかった!

BLURのアルバムを積んでみた

blur_albums

来年1月のブラー日本武道館公演のチケットを入手したので、
「せっかくだから俺はブラーのリマスター盤を買うぜ!」と思い立ち、
前々から気になっていた2枚組リマスター盤をイッキ買いしました。

まぁ僕はブラーのアルバムを全部持っているので、
「同じものをまた全部買うなんてアホじゃね?」と思われそうなのですが、
リマスター音源もさることながら、
Disc2のシングルB面曲&レアトラック集の魅力は抗しがたく、
「このアルバムはまた買ってもいいけど、これは見送っていいかな…?」
などと選別するシビアさも持ち合わせていないので、
結局全部買ってしまったと。

続きを読む BLURのアルバムを積んでみた