2019年一発目に買ったサントラ盤いろいろ

正月三が日に何かブログを書こうと思っていたのですが、
原稿の締め切りを三つ抱えていて、
仕事始め早々に東京出張があったり、
パソコンの買い換えでソフトのインストールやらデータの引っ越し作業があったり(しかもまだ終わってない)、
やることが多すぎて断念しました。。

とりあえず、年が明けてからワタクシが買ったサントラ盤をご紹介したいと思います。

 

続きを読む 2019年一発目に買ったサントラ盤いろいろ

『Merry Christmas! ロンドンに奇跡を起こした男』の音楽について、マイケル・ダナにインタビューしました。

以前ブログで何度か『Merry Christmas! ロンドンに奇跡を起こした男』(17)のサントラについて書きましたが、
「日本盤出るかなー、出ればいいなー」と思っていたものの、結局発売されませんでした(まぁ想定の範囲内の結果でしたが…)。

下記のようにサントラ自体は出てるのですが。

The Man Who Invented Christmas (amazon)
The Man Who Invented Christmas (TOWER RECORDS)

 

ワタクシは公開初日に映画を観ましたが、
とてもいい映画だったし、
我らがマイケル・ダナさんの音楽もすごくよかったし、
マイケルさん本人も「いい映画だから、たくさんの人に観てもらいたいと思ってるんだ」と言っていたので、なにか映画や音楽を紹介できる方法がないかなーと考えておりました。

 

で、ありがたいことにワタクシは11月末からムービープラス様の映画情報サイト「BANGER!!!」でコラムを書かせて頂くことになったので、
マイケルさんのインタビュー記事を掲載できないかと担当の方に交渉してみたところ、当方の持ち込み企画にOKが出ましたので、
先週はマイケルさんへのインタビューと、マイケルさんから頂いた回答の翻訳で忙しくしておりました。

ブログは毎週更新しようと思っていたのですが、
先週はマイケルさんへのインタビュー申し込み、
回答を待つ間に別件の原稿執筆と東京出張、
マイケルさんのインタビュー回答の翻訳、
その他雑用などなど、
やることがあまりにも多すぎて(重なりすぎて)ブログまで気が回らず、
更新をサボってしまいました。。

インタビュー原稿は本日先方にお送りしたので、
近日中にBANGER!!!に記事がアップされると思います。

今しばらくお待ち下さい。

12/19追記:
…というわけでBANGER!!!にインタビュー記事がアップされましたのでよろしくです。

『Merry Christmas! ~ロンドンに奇跡を起こした男~』 作曲家マイケル・ダナ 独占インタビュー | BANGER!!!
https://www.banger.jp/movie/1945/

 

Mychael Danna & Jeff Danna『A Celtic Romance』好評発売中!
レーベルショップ
iTunes A Celtic Romance: The Legend of Liadain and Curithir - Mychael Danna & Jeff Danna

毎年恒例のマイケル・ダナ&ジェフ・ダナ兄弟との近況報告

弊社で「ケルティック・ロマンス」を発売する数年前から、
ワタクシ毎年9月になるとマイケル・ダナさんと近況報告をするような感じになりまして。

普段だとお互い「こんな仕事したよー」とか「ケルロマがこのぐらい売れましたよー」というような話をするのですが、
今年はマイケルさんとジェフ・ダナさんがエミー賞とアニー賞の音楽部門にノミネートされたので、
なかなかめでたいムードの近況報告タイムでした。

アニメ『The Breadwinner(邦題:生きのびるために)』(17)の方はもうアニー賞の結果が出ていて、
まあ今年は『リメンバー・ミー』(17)が強すぎて残念ながら受賞はならずだったのですが、
ワタクシが彼らとやり取りした日は、まだエミー賞の受賞結果が出ていなかったんですよね。

で、彼らは『またの名をグレイス(Alias Grace)』で作曲賞リミテッドシリーズ/テレビ映画/スペシャル部門にノミネートされていて、
マイケルさんはさらに『ラスト・タイクーン』でメインタイトル・テーマ音楽賞にもノミネートされていたのでした。

続きを読む 毎年恒例のマイケル・ダナ&ジェフ・ダナ兄弟との近況報告

「ケルティック・ロマンス」の音楽で演技してくれるフィギュアスケーターが現れるのを待っている人(=私です)のお話。

フィギュアスケートのシーズンになるといつも思うことなのですが、

弊社で発売しているマイケル・ダナ&ジェフ・ダナのアルバム「ケルティック・ロマンス」の曲で演技してくれるフィギュアスケーターが現れてくれないかなぁ……。

今年のピョンチャン五輪でも、
『アメリ』とか『アンナ・カレーニナ』とか『SAYURI』とか『M:I-2』とか『ブラック・スワン』とか、
ショートプログラムとフリーの演技の両方ででいろんな映画のサントラを耳にしましたが、
「ケルティック・ロマンス」の曲もドラマティックでイケると思うのですよ。

 

続きを読む 「ケルティック・ロマンス」の音楽で演技してくれるフィギュアスケーターが現れるのを待っている人(=私です)のお話。

天才少女メアリーのかわいらしさと聡明さをバランスよく描いた『gifted/ギフテッド』の音楽

ランブリング・レコーズ様からのご依頼で、
『gifted / ギフテッド』(17)のサントラ盤にライナーノーツを書かせて頂きました。

前回は作曲家ロブ・シモンセンへのインタビューが実現した経緯について書きましたが、今回は音楽の雰囲気や収録曲について。
まぁあんまり詳細に書いてしまうとサントラ盤ブックレットの意味がなくなってしまうので、大まかな内容が伝わる程度にざっくりと。

…というわけで収録曲は以下の通り。

1. School / Early Morning (Timothy Seth Avett) 2:54
2. Mary’s Theme 2:00
3. The Test 3:32
4. School Projects 0:57
5. Evelyn 0:48
6. Sunset 2:32
7. Sneaking 1:19
8. Rules 1:07
9. Boston 0:45
10. Family History 1:49
11. A Nice Night 0:59
12. Genius 1:10
13. Father vs Uncle 1:10
14. Mother & Son 2:15
15. When You Were Born 2:37
16. Grandmother 2:38
17. Diane’s Brother 3:02
18. Pretty Bird (Crooked Still) 3:51
19. I’m a Hero 1:05
20. Acceptance 1:28
21. Fred 2:04
22. I Made a Mistake 1:53
23. Your Daughter Needs You 1:28
24. Diane’s Gift 1:28
25. Gifted 2:21

 

続きを読む 天才少女メアリーのかわいらしさと聡明さをバランスよく描いた『gifted/ギフテッド』の音楽