BANGER!!!のコラムをHP Chromebook x360 12bで書いてみたので、その感想。

先日、BANGER!!!で映画『マリッジ・ストーリー』(19)と作曲家ランディ・ニューマンについてのコラムを書いたのですが、
今回はいつものWindowsパソコンではなく、あえてHP Chromebook x360 12bで書いてみました。

『マリッジ・ストーリー』『トイ・ストーリー4』でアカデミー賞Wノミネート! 作曲家ランディ・ニューマンとは | BANGER!!!
https://www.banger.jp/movie/27251/ #BANGER

…というのも、この週は神奈川県立音楽堂で上演されるアレクサンドル・デスプラのオペラ「サイレンス」と、その2日前にアンスティチュ・フランセ東京で行われるトークイベントを観に行くため、2泊3日で東京に滞在しておりまして、今回は出張のお供にいつものVAIO S11ではなく、HP Chromebook x360 12bを選んだからです。

「Chromebook様を連れてお出かけ」が今年の抱負だったので、早速実行した形になりますねー。

これまではネットで調べものをしながら、Googleドキュメントにざっくり備忘録的にメモ書きする程度の使い方をしていたのですが、今回は本格的に仕事の原稿をChromebook様で書いてみたわけです(最後の清書/仕上げと原稿提出のみWindowsパソコンを使用)。

で、Chromebookで原稿を書いてみた感想は以下の通り。

続きを読む BANGER!!!のコラムをHP Chromebook x360 12bで書いてみたので、その感想。

アレクサンドル・デスプラの室内オペラ「サイレンス」を観てきました。

先日お休みを頂きまして、神奈川県立音楽堂で行われたアレクサンドル・デスプラのオペラ「サイレンス」を観てきました。
その2日前にアンスティチュ・フランセ東京で行われたデスプラ様とソルレイ様のトークイベントも観てきたので、2泊3日の東京滞在でした。

川端康成の「無言」を原作にしたオペラということで、かなり難解な内容なのではないかと考えていたのですが、実際に鑑賞してみたら、思ったよりすんなりとオペラの世界に入っていけました。

登場人物が3人で物語が追いやすかったのと、絶妙なタイミングで”語り”が入ったので話を整理しやすかったこと、ミニマルな空間演出と研ぎ澄まされた音楽で、鑑賞中の集中力が途切れなかったことが大きかったのかなと思います。

「サイレンス」の劇中音楽は「登場人物が3人」ということで、舞台も「手前」、「奥」、「スクリーン」の3つだったし、アンサンブル・ルシリンも雅楽の楽器編成の方法に倣っていて、3グループ編成でフルートとクラリネットと弦楽器が3人ずつ(+パーカッション奏者)でした。

デスプラ様は『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』(19)でも、4姉妹のために弦楽器4種(ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバス)とピアニスト2人(=手が4つ)という楽器編成の方法を使っていたので、「なるほど」と思いました。ここ最近『若草物語』のサントラを聴いていたのも無駄ではなかったようです。

そんなこんなで終演後、ワタクシ幸運にもデスプラ様に少しお会いできる機会に恵まれました

続きを読む アレクサンドル・デスプラの室内オペラ「サイレンス」を観てきました。

『フォードvsフェラーリ』は、スコアアルバムとコンピレーションアルバムの両方が欲しくなる音楽でした。

先週『フォードvsフェラーリ』(19)を観てきました。
ワタクシはマルコ・ベルトラミの音楽が一番楽しみだったのですが、今回は思いっきりギターロックを鳴らしていて、映画本編に負けないくらい面白い音楽に仕上がっていました。

で、ブログで何か書こうと思っていたのですが、
どうせなら1月のBANGER!!!コラムでスコアの聴きどころをしっかりご紹介しようと思い、
ブログ用にストックしていたネタを全てBANGER!!!のコラムに注ぎ込んでしまいました。。

多彩なギターサウンドとエンジン音が融合『フォードvsフェラーリ』のパワフルな音楽 | BANGER!!!
https://www.banger.jp/movie/26569/

…つきましては、マルコさんのスコアの聴きどころについては上記BANGER!!!コラムをご覧頂くとして、
ここではその補足的なネタを書かせて頂きたいと思います。

続きを読む 『フォードvsフェラーリ』は、スコアアルバムとコンピレーションアルバムの両方が欲しくなる音楽でした。

第92回アカデミー賞 作曲賞ノミネート作品をチェックしてみた(ごく私的な受賞予想つき)

先日、第92回アカデミー賞のノミネート作品が発表になりました。
仕事柄、ワタクシの最大の関心は作曲賞部門になるわけですが、
今回は誰が受賞しても嬉しい方々ばかりでしたし、
どの音楽も素晴らしいもの(ワタクシの好きな作品)ばかりで、
「これがノミネートになるの? う~ん…」という作品がひとつもありませんでした。

ノミネート作品と候補者は以下の通り。

『ジョーカー』/ヒドゥル・グドナドッティル
『ストーリー・オブ・マイ・ライフ/わたしの若草物語』/アレクサンドル・デスプラ
『マリッジ・ストーリー』/ランディ・ニューマン
『1917 命をかけた伝令』/トーマス・ニューマン
『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』/ジョン・ウィリアムズ

…というわけで、ごく私的な感想と受賞予想など書いてみたいと思います。

続きを読む 第92回アカデミー賞 作曲賞ノミネート作品をチェックしてみた(ごく私的な受賞予想つき)

【Chromebook】Chrome OS(Beta版)のバージョンが80になっていた。

以前のブログで書かせて頂いたとおり、ワタクシ諸事情によりChrome OSのソフトウェアチャンネルをBetaで使っているのですが、先日自動更新が降ってきまして、OSのバージョンの数字が80台になりました。

新バージョンインストールのあと再起動がかかり、その際に「重要なシステムの更新中なので電源を切らないで下さい」的な画面が一瞬出たので、まあ、そこそこ大きめのアップデートだったようです(Chromebookを購入してから一度も見たことのない画面表示だったし)。

「さすがのChromebookも、今回の更新はちょっと時間がかかるのかな?」と思いましたが、2分弱であっさり終了しました(いや、2分かからなかったかも)

Windowsパソコンであのテの画面が出ると、更新作業が完了するまで数十分かかるケースも多いので、やっぱりChromebookはいろいろ早いな~と思った次第です。

ちなみに年が明けてからHP Chromebook x360 12bを使用する時間が増えまして、その反動で、ほぼウェブサイトの閲覧とMusic Center for PCの音楽データ倉庫としてのみで使っているサブ機 VAIO Fit 15Eの使用時間が少し減りました。コレ、ロースペックのHDD 1TBモデルなんで、起動が遅いんですよね…。
なので、ふと思い立ってネットで調べものをする時などは、コイツを立ち上げるよりも、サクッと起動するChromebookを選んでしまうという。

でもまあ、VAIO Fit 15Eも「ストレージ容量にものすごく余裕がある」という利点がございますので、これはこれで「1台あると結構役に立つヤツ」でもあるのですが。

Daryl Hall & John Oates 関連商品 好評発売中!

■Eliot Lewis / 6 & One
レーベルショップ
iTunes
6 & One - Eliot Lewis

■Eliot Lewis / Enjoy The Ride+Master Plan
レーベルショップ
Enjoy The Ride (iTunes)
Enjoy the Ride - Eliot Lewis

Master Plan (iTunes)
Master Plan - Eliot Lewis

■Charlie DeChant / Like the Weather
レーベルショップ
 iTunes
Like the Weather - Charlie DeChant