『TOO OLD TO DIE YOUNG』のサントラ盤を買ったので、ドラマ本編も観てみることにしました。

Cliff Martinez – Too Old To Die Young(TOWER RECORDS)

既に弊社のブログでも何度か書いておりますが、ワタクシはクリフ・マルティネスの音楽が大好きなのです。
『ドライヴ』(11)でブレイクする前から、
もっと言えば『トラフィック』(00)あたりで注目され始める前、
『蒼い記憶』(95)や『KAFKA 迷宮の悪夢』(91)の頃にマルティネスの音楽を聴き始めて、それ以来ずっとマルティネスのサントラを買っている25年来のファンなのであります。

コラムの連載でお世話になっているBANGER!!!でも、第1回のコラムが『ネオン・デーモン』だったし、その後『ザ・フォーリナー/復讐者』(17)『ザ・アウトロー』(18)の音楽紹介コラムも書かせて頂いたので、我ながら筋金入りのマルティネシストと言っても過言ではないのではないかと。

そんなわけで、先頃ドラマ本編を観るよりも先に、『TOO OLD TO DIE YOUNG』(19)のサントラ盤を買ってしまいました。
CD2枚組でDisc1はマルティネスのスコアのみで40分。
Disc2はマルティネスのスコア8曲と、ジュリアン・ウィンディング・レフン、Goldfrapp、The Leather Nun、Frankie Miller、Jimmy Angel & The Jason Gutierrez、Carolina Hoyosの既製曲を収録して43分という内容。
ダミアン一味のシーンで鳴っているスカ曲は未収録でした。

続きを読む 『TOO OLD TO DIE YOUNG』のサントラ盤を買ったので、ドラマ本編も観てみることにしました。

『失くした体』 BANGER!!!コラムの補足的なお話

オリジナル・サウンドトラック 失くした体(TOWER RECORDS)

BANGER!!!編集部から「4月はNetflix作品から映画音楽コラムを1タイトルよろしく」とご依頼を頂いたので、 先日『失くした体』(19)のに音楽紹介コラムを書かせて頂きました。

『アメリ』脚本家の小説をアニメ映画化 
物言わぬ“手”に感情を吹き込む音楽が秀逸なNetflix『失くした体』 | BANGER!!! https://www.banger.jp/anime/32636/ #BANGER

サントラ盤はランブリング・レコーズさんから発売になっているのですが、ワタクシ本当はサントラ盤のほうの音楽解説も書きたかったんですよね…。

でもその時は『マリッジ・ストーリー』(19)のサントラ盤の音楽解説BANGER!!!コラム原稿の執筆、
『フォードvsフェラーリ』(19)のBANGER!!!コラム原稿の執筆、
アレクサンドル・デスプラのオペラ鑑賞デスプラ様のBANGER!!!コラム執筆の締め切りが重なっていて、
泣く泣くお仕事の依頼を断念したのでした(それぞれの仕事については、前述のテキストに当方のブログ記事やBANGER!!!へのリンクを張ってあります)。多少無理してでも依頼を受けたかったのですが、万が一原稿の締め切りに間に合わなかったりしたら先方にご迷惑がかかりますので。。

そんなわけで、「もし自分がサントラ盤の差込解説書に音楽解説を書くことになったら、多分こういうことを書いていただろうなぁ」という感じで『失くした体』のコラム原稿を書かせて頂きました。

『失くした体』の音楽について、ここが重要なんじゃないかなという所はほぼ全部書かせて頂いたので、当方のブログではその補足的なことを少し書かせて頂きます。

続きを読む 『失くした体』 BANGER!!!コラムの補足的なお話

BANGER!!!で書いた『ザ・アウトロー』の音楽コラムの補足的なお話

ムービープラスで今月(4月)も『ザ・アウトロー』(17)の放送があるということで、BANGER!!!に音楽紹介コラムを書かせて頂きました。

「ド派手アクション×シンセサウンド」の進化系『ザ・アウトロー』 ジェラバトが伝説の強盗犯に挑む! | BANGER!!!
https://www.banger.jp/movie/31541/ #BANGER

この映画については、以前当方のブログでも音楽についてあれやこれや書いていたのですが、BANGER!!!コラムに書くにはダラダラしていた部分をバッサリ削って、より深く掘り下げた音楽分析を行ってみたつもりです。

当方の過去のブログ記事はこちら。

アクション映画の音楽に新風を吹き込む、クリフ・マルティネスによる『ザ・アウトロー』のアンビエント・スコア
https://www.marigold-mu.net/blog/archives/9561

今回のブログはBANGER!!!コラムの補足ということで、『ヒート』(95)とその流れを汲む作品たちのサントラをざっくりご紹介させて頂きます。

続きを読む BANGER!!!で書いた『ザ・アウトロー』の音楽コラムの補足的なお話

テレンス・ブランチャードの音楽が示唆する「『ハリエット』=スーパーヒロイン映画」の構図

ランブリング・レコーズ様からのご依頼で、 『ハリエット』(19)のサントラ盤に音楽解説を書かせて頂きました。
音楽担当はスパイク・リー作品でおなじみのテレンス・ブランチャード。

『ハリエット』の簡単な見どころと音楽の概要については、 例によってBANGER!!!コラムで簡単にご紹介致しました。

パワフルな主題歌と雄大な音楽! アカデミー賞ノミネート作『ハリエット』はリアル・スーパーヒロイン誕生の物語 | BANGER!!!
https://www.banger.jp/movie/30128/ #BANGER

当方のブログでは、サントラの差込解説書やBANGER!!!コラムで書ききれなかった ブランチャードに関するよりディープなネタを書かせて頂こうかなと思います。

続きを読む テレンス・ブランチャードの音楽が示唆する「『ハリエット』=スーパーヒロイン映画」の構図

『おもてなしの基礎英語:ニッポン追いかけっこ 旅の始まり編』DVD BOOKを買ってしまった話

ワタクシ前シーズンの途中からEテレの『おもてなしの基礎英語』を観るようになったのですが、ここ最近twitterでコボしている通り、ドラマパートがイラスト紙芝居化したのが大変不満でして、出演者の皆さまのご尊顔の記憶も薄れてきたため、仕方なくDVDブックを買いました。

「実写だったドラマパートがなぜイラスト紙芝居化したのか?」という点については、 「ニック役の人に何らかのトラブルがあった」と考えるのが妥当なのでしょう。最初にドラマがイラスト化してしまったのはエミ&ニック編でしたから。
しかしニック役の人に何があったか、正確なところは知る由もないので勝手な推測は控えます。

ではなぜ「アスカ&オリビア編までイラスト化してしまったのか?」という疑問については、おそらく片方は実写、片方はイラストという構成だと不自然なので、両方ともイラストで統一してしまったのでしょうね。。
オリビア役のアマンダ・ブラウンさんとアスカ役の時任勇気さんは割を食った形になりますが (それを言ったらエミ役の松本妃代さんとミヤコ役の高田里穂さんも思いっきり割を食ってますが…)。

何度もtwitterで書かせて頂きましたが、ドラマのクライマックスが近いのにこのトラブルはガッカリですね。。
高田さん演じるミヤコは「ストーリーの鍵を握る謎の美女」的なキャラクターなので、満を持してストーリー終盤に登場!という大変オイシイ役どころだったはずなのに、終盤までなかなか登場しなかった(=回想シーンで数回出ただけ)ことが裏目に出てしまったという…。高田さんが不憫すぎて泣けてきます。

続きを読む 『おもてなしの基礎英語:ニッポン追いかけっこ 旅の始まり編』DVD BOOKを買ってしまった話