『さらば愛しきアウトロー』でロバート・レッドフォードが体現するアウトローの美学、そして挿入歌”Blues Run The Game”の歌詞について

ランブリング・レコーズ様からのご依頼で、
『さらば愛しきアウトロー』(18)のサントラ盤にライナーノーツを書かせて頂きました。

そして先日BANGER!!!でこんなコラムを書かせて頂きました。

意思は貫くが、運命には逆らわない レッドフォード流“アウトローの美学”と“ジャズ”『さらば愛しきアウトロー』 | BANGER!!!
https://www.banger.jp/movie/13646/

 

「自分の意思は貫くが、運命には逆らわない」とはどういうことか?…ということで、BANGER!!!のコラムでは字数の都合で書けなかったことを、ブログでもう少し補足させて頂こうかなと思った次第です。

前回のブログで「我が家は母子二代にわたるレッドフォードのファン」ということを書きましたが、
ちょうどコラム原稿を書いていた週に実家に帰る機会があったので、原稿の構想を練る意味も兼ねて熱いレッドフォード談義を交わしたのでありました。

 

続きを読む 『さらば愛しきアウトロー』でロバート・レッドフォードが体現するアウトローの美学、そして挿入歌”Blues Run The Game”の歌詞について

『さらば愛しきアウトロー』のジャズ・スコアは、ロバート・レッドフォードを最高にカッコよく、チャーミングに見せる音楽だと思う。

ランブリング・レコーズ様からのご依頼で、
『さらば愛しきアウトロー』(18)のサントラ盤にライナーノーツを書かせて頂きました。

我が家は母子二代にわたるロバート・レッドフォードのファンなので、レッドフォード出演作のサントラ盤のお仕事が出来て嬉しかったです(ある意味、レッドフォード好きの母への親孝行にもなりましたし)。

音楽を担当したのはデヴィッド・ロウリー監督作品の常連作曲家ダニエル・ハート。
『A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー』(17)が話題になったことで、ハートと彼のバンド”Dark Rooms”の知名度がグンとアップした印象がありますね。
『ピートと秘密の友達』(16)や『セインツ -約束の果て-』(13)の時は、まだそれほど注目されていなかったような気がします。

『A GHOST STORY』の時は「アルヴォ・ペルトの合唱曲やブロークン・ソーシャル・シーンの曲、70年代~80年代のジョン・カーペンターのスコア」などを模索しつつ、最終的には実存主義的な映画の内容に即した音楽を作曲していて、「いい音楽だな」ということは感覚的に分かるのだけれども、スコアのテーマや作曲者の意図を読み取るとなると少々難解なサウンドに仕上がっていました。

しかし今回の『さらば愛しきアウトロー』では、
エンターテインメント路線にシフトした、メロディアスで万人向けのジャズ・スコアを作曲しています。

 

続きを読む 『さらば愛しきアウトロー』のジャズ・スコアは、ロバート・レッドフォードを最高にカッコよく、チャーミングに見せる音楽だと思う。

『ゴールデン・リバー』のアレクサンドル・デスプラのスコアは、西部劇音楽界のサード・ウェーブだと思う。

ランブリング・レコーズ様からのご依頼で、
『ゴールデン・リバー』(18)のサントラ盤にライナーノーツを書かせて頂きました。

音楽担当は『グランド・ブダペスト・ホテル』(14)と『シェイプ・オブ・ウォーター』(17)でアカデミー賞作曲賞を2度受賞した才人アレクサンドル・デスプラ。
そのデスプラが西部劇音楽初挑戦!というだけでも、
20数年来のデスプラーなワタクシとしては、この映画が楽しみで楽しみで仕方がなかったのでした。

彼のフィルモグラフィー的には、
確かに本格的な西部劇音楽は初挑戦なのですが、
『ファンタスティック・Mr.FOX』(09)で西部劇のノリに近い音楽は一度担当しているのですね。

「所帯を持ってカタギになっても、泥棒稼業の味が忘れられねぇ」的なお父さんギツネのお話でしたが、
デスプラはギターやバンジョー、トランペット、ティンパニ、ジューズ・ハープ(口琴)を使ったスコアを作曲していて、音の質感的にもブルーグラス/ウエスタンと言ってもいいサウンドを聴くことが出来ました(アルバム13曲目のBeans Secret Cider Cellarなんかはモロに西部劇風のスコアでした)。

だから今回の『ゴールデン・リバー』もこういう方向に行くのかな、と予想を立てていたのですが、いざ音源を聴いてみたら全く違ったという。

音楽の概要は先日BANGER!!!のコラムでざっくりご紹介させて頂いたので、
まずはこちらをご覧頂きたいと思います。

ジェイク・ギレンホール主演『ゴールデン・リバー』は
ジャック・オーディアール監督と天才作曲家が攻めの音楽で描く、
異色の仏製ウエスタン | BANGER!!!

https://www.banger.jp/movie/12107/

 

続きを読む 『ゴールデン・リバー』のアレクサンドル・デスプラのスコアは、西部劇音楽界のサード・ウェーブだと思う。

『ゴールデン・リバー』のサントラ盤は、輸入盤より日本盤(国内盤)をオススメしたいその理由。

ランブリング・レコーズ様からのご依頼で、
『ゴールデン・リバー』(18)のサントラ盤にライナーノーツを書かせて頂きました。

音楽担当は超売れっ子にして天才作曲家のアレクサンドル・デスプラ。
ワタクシの大好きな作曲家の一人なのですが、
『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』(17)以来のライナーノーツのお仕事だったので嬉しかったですね~。

ワタクシ、こちらのサントラ盤は映画の邦題が決まる前の『The Sisters Brothers』の時から既に自費で買って聴いておりまして、
たぶん仕事で聴きこんだ分も合わせて80回くらいアルバムを聴いたんじゃないかと思うのですが、そのワタクシからあえて言わせて頂きますと、

『ゴールデン・リバー』のサントラ盤は、輸入盤ではなく国内盤のご購入をオススメします。

「そりゃアンタがライナーノーツを書いたんだから国内盤を勧めるよね~」と思われるかもしれませんが、それ以外にもちゃんと理由があるんです。
割と大事なことなので、今回はまずそれをお話ししようかなと。

続きを読む 『ゴールデン・リバー』のサントラ盤は、輸入盤より日本盤(国内盤)をオススメしたいその理由。

リーアム・ニーソン主演のアクション映画にジョージ・フェントンの音楽だと…!? 『スノー・ロワイヤル』はその意外な組み合わせが面白い!

ランブリング・レコーズ様からのご依頼で、
『スノー・ロワイヤル』(19)のサントラ盤にライナーノーツを書かせて頂きました。

ワタクシは『アンノウン』(11)、『フライト・ゲーム』(14)、『トレイン・ミッション』(18)でリーアム・ニーソン主演作のサントラ盤ライナーノーツを書かせて頂いているので、またリーアム映画のお仕事が回ってきて最高に嬉しかったですね~。

で、今回の音楽を担当したのはジョージ・フェントン。

…ってコレ、かなり意外な人選じゃありません??

続きを読む リーアム・ニーソン主演のアクション映画にジョージ・フェントンの音楽だと…!? 『スノー・ロワイヤル』はその意外な組み合わせが面白い!