2月は『トリプルX:再起動』と『クリミナル 2人の記憶を持つ男』でブライアン・タイラー祭りなのだの巻

XXXReturnOfXanderCage

ランブリング・レコーズ様からのご依頼で、
『トリプルX:再起動』(17)のサントラ盤にライナーノーツを書かせて頂きました。
日本盤の発売日が2/22で、
日米で映画の公開時期にあまり差がない上映スケジュールだったので、
先週マスコミ試写に行ってきて、
翌日に原稿を仕上げてお送りするお急ぎ仕上げとなりました。

お急ぎ仕上げとは言っても、
決してライナーノーツ原稿で手抜きはしておりません。
むしろ逆に凝った内容になっております。
その話は後日改めてブログで書かせて頂きたいと思います。

で、2月は『トリプルX:再起動』のほかに、
アメコミ映画出演経験ありの俳優が勢揃いした『クリミナル 2人の記憶を持つ男』(16)も公開になりますが、
どちらの作品もブライアン・タイラーが音楽を手掛けておりまして、
ちょっとした「ブライアン・タイラー祭り」になっているんですねー。

タイラーさんの激アツな音楽で寒い冬を乗り切ろうぜ!

…ということなのでしょう(たぶん違う)。

 

criminal

どちらの作品も実にタイラーさんらしい鳴らしまくりの音楽なのですが、
サウンドの傾向は好対照なのが面白い。

『トリプルX:再起動』は「オーケストラ+電子音+ロックなギター&ドラムス」という構成で、
『クリミナル』はオーケストラを一切使わない100%電子音のエレクトロ・スコア。

そしてどちらの作品もタイラーさんが自身のアシスタント的な若手作曲家と組んでいるのですが、
『トリプルX:再起動』はTVシリーズ『スリーピー・ホロウ』のロバート・ライデッカー、
『クリミナル』はTVシリーズ『HAWAII FIVE-0』のキース・パワーと組んでおりまして、
音楽のスタイルも違えばコンビを組む作曲家も違うというのがこれまた面白い。

今月はタイプの異なるタイラーさんの激アツサウンドを一度に楽しめるという、
カレー2種盛りを食べた時のような満足感とホット&スパイシーさが味わえるわけです。
こいつは見逃せません(&聴き逃せません)ね~。

ちなみに『クリミナル』のサントラ盤も輸入盤で入手可能です。
『トリプルX:再起動』の日本盤と一緒に是非ぜひお買い求め下さい。
『トリプルX』のより詳しい音楽紹介は日を改めて。

『トリプルX:再起動』オリジナル・サウンドトラック
音楽:ブライアン・タイラー&ロバート・ライデッカー
レーベル:Rambling RECORDS
品番:RBCP-3179
発売日:2017/02/22
定価:2,400円+税

 

Mychael Danna & Jeff Danna『A Celtic Romance』好評発売中!
レーベルショップ
iTunes A Celtic Romance: The Legend of Liadain and Curithir - Mychael Danna & Jeff Danna