ラルフとヴァネロペのテーマがより深みを増した『シュガー・ラッシュ:オンライン』の音楽

ウォルト・ディズニー・ジャパン様とユニバーサルミュージック様からのご依頼で、
『シュガー・ラッシュ:オンライン』(18)のサントラ盤にライナーノーツを書かせて頂きました。
スコア作曲は前作に引き続きヘンリー・ジャックマン。

あとサントラ盤にはイマジン・ドラゴンズのエンドソング”Zero”と、
劇中のミュージカルソング”A Place Called Slaughter Race”、
ジュリア・マイケルズが歌う第2エンドソング”In This Place”、
青山テルマが歌う日本盤ボーナストラック2曲が入ってます。
合計35曲。

今回の仕事はいつも以上にハードでした。。

 

続きを読む ラルフとヴァネロペのテーマがより深みを増した『シュガー・ラッシュ:オンライン』の音楽

『Merry Christmas! ロンドンに奇跡を起こした男』の音楽について、マイケル・ダナにインタビューしました。

以前ブログで何度か『Merry Christmas! ロンドンに奇跡を起こした男』(17)のサントラについて書きましたが、
「日本盤出るかなー、出ればいいなー」と思っていたものの、結局発売されませんでした(まぁ想定の範囲内の結果でしたが…)。

下記のようにサントラ自体は出てるのですが。

The Man Who Invented Christmas (amazon)
The Man Who Invented Christmas (TOWER RECORDS)

 

ワタクシは公開初日に映画を観ましたが、
とてもいい映画だったし、
我らがマイケル・ダナさんの音楽もすごくよかったし、
マイケルさん本人も「いい映画だから、たくさんの人に観てもらいたいと思ってるんだ」と言っていたので、なにか映画や音楽を紹介できる方法がないかなーと考えておりました。

 

で、ありがたいことにワタクシは11月末からムービープラス様の映画情報サイト「BANGER!!!」でコラムを書かせて頂くことになったので、
マイケルさんのインタビュー記事を掲載できないかと担当の方に交渉してみたところ、当方の持ち込み企画にOKが出ましたので、
先週はマイケルさんへのインタビューと、マイケルさんから頂いた回答の翻訳で忙しくしておりました。

ブログは毎週更新しようと思っていたのですが、
先週はマイケルさんへのインタビュー申し込み、
回答を待つ間に別件の原稿執筆と東京出張、
マイケルさんのインタビュー回答の翻訳、
その他雑用などなど、
やることがあまりにも多すぎて(重なりすぎて)ブログまで気が回らず、
更新をサボってしまいました。。

インタビュー原稿は本日先方にお送りしたので、
近日中にBANGER!!!に記事がアップされると思います。

今しばらくお待ち下さい。

12/19追記:
…というわけでBANGER!!!にインタビュー記事がアップされましたのでよろしくです。

『Merry Christmas! ~ロンドンに奇跡を起こした男~』 作曲家マイケル・ダナ 独占インタビュー | BANGER!!!
https://www.banger.jp/movie/1945/

 

Mychael Danna & Jeff Danna『A Celtic Romance』好評発売中!
レーベルショップ
iTunes A Celtic Romance: The Legend of Liadain and Curithir - Mychael Danna & Jeff Danna

「<聴くシネマ名作選>サウンドトラック1000」で5タイトルのライナーノーツを書かせて頂きました。

先日ちょろっとtwitterでもお知らせ致しましたが、
ソニー・ミュージック ジャパン様からのご依頼で、
旧作サントラ全50タイトル・低価格リイシュー企画「<聴くシネマ名作選>サウンドトラック1000」にて5タイトルのライナーノーツを書かせて頂きました。

まずワタクシが担当させて頂いた映画のタイトルだけざざーっとご紹介すると、

『アルマゲドン』(スコア盤)
『インデペンデンス・デイ』
『パシフィック・リム』
『マッドマックス 怒りのデス・ロード』
『トゥルーライズ』

…の5タイトルでございました。

 

続きを読む 「<聴くシネマ名作選>サウンドトラック1000」で5タイトルのライナーノーツを書かせて頂きました。

『おとなの恋は、まわり道』の音楽は、作曲家ウィリアム・ロスの「ベテランの味」がよく出ています。

ランブリング・レコーズ様からのご依頼で、
ウィノナ・ライダー&キアヌ・リーブス4度目の共演作『おとなの恋は、まわり道』(18)のサントラ盤にライナーノーツを書かせて頂きました。
音楽を手掛けたのは、作曲家・編曲家・指揮者・音楽監督として活躍するベテラン、ウィリアム・ロス。

ワタクシの記憶が確かならば、ロス名義のサントラ盤が日本盤として発売されるのは『マイ・ドッグ・スキップ』(00)以来18年ぶりではないかと。
『炎のメモリアル』(04)の音楽もロスが手掛けていましたが、
こちらのサントラはソング・コンピレーション盤で、ロスのスコアは1曲しか収録されていませんでしたので。

この方はオーケストレーターやアレンジャー、指揮者としての仕事が多いので、
ハンス・ジマーやジョン・ウィリアムズのような形でサントラリスナーの間で語られる機会が少ないのですね。
ご本人も映画音楽家として活動しているのだけれども、
日本未公開作やテレビ映画が多いので、
サントラ盤ライナーノーツなどで紹介される機会も少ない。

今回はものすごく久々にロスのサントラ盤が日本盤としてリリースされるし、
CD形態でリリースされるのは日本だけということで(海外はダウンロードのみ)、
ワタクシもしっかりしたライナーノーツを書こうと思い、
いろいろ頑張ってウィリアム・ロス氏にインタビューを行いました

 

続きを読む 『おとなの恋は、まわり道』の音楽は、作曲家ウィリアム・ロスの「ベテランの味」がよく出ています。