【追悼】僕は鶴ひろみさんの声を聞いて大人になった

昨日は朝起きてtwitterを覗いたら、
声優・鶴ひろみさんの訃報がタイムラインに流れてきて、
亡くなった時の状況がああいう感じでしたので、
あまりのショックに全身から血の気がと引きました。
昨日は全く仕事が手につかなかったな…。

鶴ひろみさん死去 大動脈剥離 | 2017/11/17(金) – Yahoo!ニュース
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6261526

 

鶴さんは『それいけ!アンパンマン』のドキンちゃんと『ドラゴンボール』のブルマ役で有名ですが、
ワタクシの場合、初めて鶴さんの声を聞いたのは『キン肉マン』のナツコ役だったと思います。
「鶴さんの声がいいなー」と意識してアニメを見るようになったのは、
やはり『ドラゴンボール』のブルマ役ということになりますが。
『ペリーヌ物語』は再放送の時に観て、
その後は『超時空要塞マクロス』のキム、
『めぞん一刻』の九条明日菜、
『きまぐれオレンジロード』の鮎川まどか、
『らんま1/2』の久遠寺右京、
『ツヨシしっかりしなさい』の井川恵子、
『GS美神』の美神令子…というように、
自分の子供時代~青春時代に多くのアニメヒロインの声を担当されていたので、言うなれば鶴さんの声を聞いて育ったようなものでした。
確かNHK教育の人形劇「のびのびノンちゃん」も録画して時々観ていました(池田秀一さんや島津冴子さんも声をアテていたので)。

 

続きを読む 【追悼】僕は鶴ひろみさんの声を聞いて大人になった

マイケル・ダナ&ジェフ・ダナの新作サントラ3タイトルをご紹介

先月は映画音楽家マイケル・ダナさんの誕生日でした。
ワタクシ大体いつもこの時期にマイケルさんのお誕生日祝いをして、
お互いに近況報告をするような流れになるのですが、
今年のマイケルさんはトロント・シンフォニー・オーケストラによる『ライフ・オブ・パイ トラと漂流した127日』(12)演奏会のプレミアに招待されたようで、
「素晴らしい誕生日になったよー」と言ってました。

で、映画音楽のお仕事のほうも順調なようで、
「秋に3つの作品が公開になるよ!」…と言っていたのですが、
その3つの作品すべてサントラ盤がリリースされることになったようです。

 

続きを読む マイケル・ダナ&ジェフ・ダナの新作サントラ3タイトルをご紹介

フレンチトースト食べ歩きメモ その24:アマンド 六本木店(再訪 季節限定メニュー編)

先日仕事で六本木エリアに出張だったので、
また「アマンド 六本木店」に行ってきました。

ちなみに前回のブログはコチラ↓
フレンチトースト食べ歩きメモ その23:アマンド 六本木店 編

前回はミックスフルーツのフレンチトーストを頂きましたが、
今回は秋の季節限定メニューがラインナップに加わっておりまして、
アップルパイのフレンチトーストも大変美味しそうだったのですが、
何となくモンブランが食べたい気分だったので、
「モンブランのフレンチトースト」をオーダーしました。
二段重ねのダブルサイズで行きたいところではあったのですが、
夕食に差し支えると何だったので今回はシングルで。

バニラアイスクリームに2種類のマロンクリーム、渋皮栗が5個…ともう絶対これ美味しいでしょという内容なのですが、実際ウマかったです。
渋皮栗の絶妙にほくっとしていい具合にねっとりした口当たりが最高。
栗好きの甘党の方にはたまらん一品ではないかと。
こういう時のドリンクはストレートティーかブラックコーヒーがいいですね。

 

続きを読む フレンチトースト食べ歩きメモ その24:アマンド 六本木店(再訪 季節限定メニュー編)

『バリー・シール アメリカをはめた男』サントラ盤収録曲を駆け足で全曲紹介してみるの巻

ランブリング・レコーズ様からのご依頼で、
『バリー・シール アメリカをはめた男』(17)のサントラ盤にライナーノーツを書かせて頂きました。

先日劇場でパンフレットを買ってきたのですが、
これだけ劇中で懐メロをガンガンかけていたのに、
音楽についてコラムでほとんど触れられていなかったので、
(Hooked On Classics Part 1 & 2について少し言及していたけど)
ワタクシがこの場を借りて全曲ざっくりご紹介させて頂こうかなと。

ちなみに個人的な推し曲については前回のブログでご紹介したので、
こちらも併せてご覧頂ければと思います。

 

なおamazonのカスタマーレビューなどでツッこまれる前に補足させて頂きますが、
トーキング・ヘッズのSlippery Peopleとジョージ・ハリソンのWah-Wahはアルバム未収録なので、この2つの曲については何らかの手段を用いて補完して頂ければと思います。

 

続きを読む 『バリー・シール アメリカをはめた男』サントラ盤収録曲を駆け足で全曲紹介してみるの巻

『バリー・シール アメリカをはめた男』サントラ盤の私的推し曲はこの曲とあの曲です!の巻

ランブリング・レコーズ様からのご依頼で、
トム・クルーズ主演のアンチヒーロークライムアクション映画、
『バリー・シール アメリカをはめた男』(17)のサントラ盤にライナーノーツを書かせて頂きました。

オリジナル・スコアの作曲は『オール・ユー・ニード・イズ・キル』(14)のクリストフ・ベック。
アメリカではVarese Sarabandeからのサントラリリースということで、
「ベックのスコア盤のライナーノーツを書くのは初めてだから楽しみだな~」と思っていたのですが、
トラックリストが発表になってみたら、何とまさかのソングコンピレーション盤でした。
「Vareseもコンピ盤を出すことあるんだぁぁ」と思いましたが、
よく考えれば『ロング・トレイル!』(15)とか『ゴールド 金塊の行方』(16)もコンピ盤だったなぁ、と。

…というわけで、『バリー・シール』のサントラ収録曲は以下の通り。

1. A Fifth of Beethoven / Walter Murphy & The Big Apple Band
2. One Way Out / The Allman Brothers Band
3. Blue Bayou / Linda Ronstadt
4. Seguro Lo Hara Otro / John Ever Villa
5. Black Widow Blues / Townes Van Zandt
6. Hooked On Classics (Part 1 & 2) / Louis Clark & The Royal Philharmonic Orchestra
7. I Don’t Need You / The Troyes
8. Loud N’ Restless / Loosely Tight
9. What Makes A Good Man? / The Heavy
10. What Now? / Christophe Beck (Score)
11. Sandanistas y Reagan / Christophe Beck (Score)
12. Heading to the States / Christophe Beck (Score)

 

続きを読む 『バリー・シール アメリカをはめた男』サントラ盤の私的推し曲はこの曲とあの曲です!の巻