『ユダヤ人を救った動物園』の音楽がハリー・グレッグソン=ウィリアムズというのはちょっと意外だった、という話。

ランブリング・レコーズ様からのご依頼で、
『ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命』(17)のサントラ盤にライナーノーツを書かせて頂きました。

ワタクシ、ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ(以下HGW)のサントラ盤ライナーノーツは何度か書かせて頂いておりまして、
古くは『ヴェロニカ・ゲリン』(03)や『マイ・ボディガード』(04)、
『プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂』(10)を経て、
DSDリマスター盤の『シュレック』(01)に最近だと『イコライザー』(14)という感じなのですが、
「HGW=アクション映画への登板が多い作曲家」というイメージなので、
この映画の音楽を手掛けることになったのはちょっと意外でした。

 

続きを読む 『ユダヤ人を救った動物園』の音楽がハリー・グレッグソン=ウィリアムズというのはちょっと意外だった、という話。

『サンサーラ・ナーガ 1&2』のサントラ盤が届きました。

先頃「D4エンタープライズから『サンサーラ・ナーガ』のサントラ盤が出るらしい」という情報をネットで仕入れまして、
D4の直販サイトで製品を予約注文していたのですが、
きのう早速サントラ盤が手元に届きました。

いやもう『サンサーラ・ナーガ』は『女神転生II』と並んで当時ハマりにハマったファミコンの2大RPGでして、
自分の人生観にも少なからず影響を与えた(と思う)ゲームだったので、
こうして川井憲次氏の音楽がまとめて聴けるというのはありがたいですね。
(CDが3500円、送料やら振込手数料やらで結局5000円近くの出費になりましたが…)

サントラはCD2枚組で、
Disc1は『サンサーラ・ナーガ』の音源が40曲で60分強、
Disc2は『サンサーラ・ナーガ2』の音源が16曲で34分強。

 

続きを読む 『サンサーラ・ナーガ 1&2』のサントラ盤が届きました。

天才少女メアリーのかわいらしさと聡明さをバランスよく描いた『gifted/ギフテッド』の音楽

ランブリング・レコーズ様からのご依頼で、
『gifted / ギフテッド』(17)のサントラ盤にライナーノーツを書かせて頂きました。

前回は作曲家ロブ・シモンセンへのインタビューが実現した経緯について書きましたが、今回は音楽の雰囲気や収録曲について。
まぁあんまり詳細に書いてしまうとサントラ盤ブックレットの意味がなくなってしまうので、大まかな内容が伝わる程度にざっくりと。

…というわけで収録曲は以下の通り。

1. School / Early Morning (Timothy Seth Avett) 2:54
2. Mary’s Theme 2:00
3. The Test 3:32
4. School Projects 0:57
5. Evelyn 0:48
6. Sunset 2:32
7. Sneaking 1:19
8. Rules 1:07
9. Boston 0:45
10. Family History 1:49
11. A Nice Night 0:59
12. Genius 1:10
13. Father vs Uncle 1:10
14. Mother & Son 2:15
15. When You Were Born 2:37
16. Grandmother 2:38
17. Diane’s Brother 3:02
18. Pretty Bird (Crooked Still) 3:51
19. I’m a Hero 1:05
20. Acceptance 1:28
21. Fred 2:04
22. I Made a Mistake 1:53
23. Your Daughter Needs You 1:28
24. Diane’s Gift 1:28
25. Gifted 2:21

 

続きを読む 天才少女メアリーのかわいらしさと聡明さをバランスよく描いた『gifted/ギフテッド』の音楽

『gifted/ギフテッド』サントラ盤ライナーノーツで作曲家のロブ・シモンセンにインタビューしました。

ランブリング・レコーズ様からのご依頼で、
『gifted / ギフテッド』(17)のサントラ盤にライナーノーツを書かせて頂きました。

ワタクシ、ロブ・シモンセンの音楽が大好きなので、
もし日本版のサントラが発売されるなら是非ライナーノーツを書きたいなーと考えていたのですが、
本当に日本盤をリリースして下さるとは…!

というのもこちらのサントラ、
アメリカ本国ではダウンロード形式のみのリリースでございまして、
CDアルバムでのリリースは日本だけなのです。
デジタルブックレットも作っていなかったみたいだし、
権利関係の手続きとか面倒だっただろうなぁと思うし、
1からブックレットを作らないといけないので、
その辺の手間も大変だっただろうなと思います。

普通のレコード会社だったら「こんなに手間がかかるなら日本盤リリースしなくていいや」ということにもなりかねないのですが、
“国内サントラレーベルの良心”ランブリング・レコーズさんはあえてCDアルバム形態でリリースして下さったわけです。
ワタクシもライナーノーツ執筆の機会を頂いた以上、
その心意気に答えなければならんだろうと思い、
ロブ・シモンセンに独占&独自インタビューを敢行したのでありました。

 

続きを読む 『gifted/ギフテッド』サントラ盤ライナーノーツで作曲家のロブ・シモンセンにインタビューしました。

新橋探訪記/「むさしや」のオムメキシカン~新橋古本まつり

先日…と言ってももう2週間くらい前の話ですが、
出張で新橋駅エリアに行ってきました。

有楽町駅とか日比谷駅あたりはよく行くのですが、
新橋は久しぶりだなーという感じで、
ワタクシの記憶が確かならば、
去年の夏にニュー新橋ビルの「喫茶フジ」でシーフードピラフを食べて以来ではないかと思います。

…というわけで、新橋駅での楽しみのひとつと言えば、
「ニュー新橋ビル」内のディープなお店巡り。
今回は以前から気になっていた超老舗の洋食屋さん「むさしや」に行ってきました。
(ちなみに以前訪問した「スパゲッティキング」が閉店して別なお店にリニューアル中でした…)

 

続きを読む 新橋探訪記/「むさしや」のオムメキシカン~新橋古本まつり