『バーバラと心の巨人』の劇中で流れる挿入歌2曲の歌詞を調べてみた。

ランブリング・レコーズ様からのご依頼で、
『バーバラと心の巨人』(17)のサントラ盤にライナーノーツを書かせて頂きました。
音楽は『レッドタートル ある島の物語』(16)のローラン・ペレス・デル・マール。

前回のブログでスコアについては大体ご紹介してしまったので、
今回は挿入歌について書かせて頂こうかなと思います。

 

本作のサントラ盤はローラン・ペレス・デル・マールのスコアだけでなく、
劇中で流れた挿入歌を2曲収録しております。

まずアルバム4曲目で登場するのが、
ロンドンの男女3人組バンド「ロンドン・グラマー」のUnder The Stars。
彼らは「If You Wait」(2013年)と「Truth is a Beautiful Thing」(2017年)の2枚のアルバムをリリースしていますが、
この曲はどちらのアルバムにも入っていないので、
おそらく未発表音源か、
あるいは本作のために書き下ろした曲なのではないかと思います。
歌詞の内容があまりにも映画とピッタリなので、
ワタクシ的には後者じゃないかなと思うのですが。

When the morning comes and I wait for you
Aware of the monsters I was talking to
Dream in colour and I count to ten
Out there, where captives come free like the sun

I’m a live wire, I’m a rolling stone
I ain’t got no one and I’ve got no home
I’m a live wire, I’m a rolling stone
Out there, where I will be upon my knees tonight

Under the stars
They will never find us
Or know where we are
Under the bright moon
Where I’ll wait for you

I’m young but you seem confused
I’m wiser than those kings sat upon the thrones
Dream in colour and I count to ten
Out there, I’ll lead these armies upon the earth

I’m a live wire, I’m a rolling stone
I ain’t got no one and I’ve got no home
I’m a live wire, I’m a rolling stone
Out there, where I will be upon my knees tonight

Under the stars
They will never find us
Or know where we are
Under the bright moon
Where I’ll wait for you

Under the stars
They will never find us
Or know where we are
Under the bright moon
Where I’ll wait for you

I’m a live wire, I’m a rolling stone
I ain’t got no one and I’ve got no home
I’m a live wire, I’m a rolling stone
I ain’t got no one and I’ve got no home

 

で、アルバムのラストを飾るのが、
デンマーク出身のシンガーソングライター、ラスマス・ウォルターの”Something So Strong”。
こちらはミュージック・ビデオ的なものも作られてます。

I don’t know where to turn to
I don’t know where to look
I don’t wanna be alone
I don’t know what to say now
I don’t know where to go
I lost my sense of home

But something so strong
Yeah this feeling I get
When I’m with you
It’s so easy to forget

I cried a million tears now
Heaven knows I wept
That all of my rivers run dry
A slight twist of faith yeah
To cover my mistakes
Won’t you help me get this right?

But something so strong
Yeah this feeling I get
When I’m with you
It’s so easy to forget

All of these regrets I
I’ve been keeping them in the shade
Throw them all away now
Cause I won’t miss them no

Yeah something so strong
Yeah this feeling I get
When I’m with you
It’s so easy to forget

All of these regrets I
I’ve been keeping them in the shade
Throw them all away now
Cause I won’t miss them no.

I don’t know where to turn to
I don’t know where to look
I don’t wanna be alone

僕はどこに行けばいいのか分からないし
何を言えばいいのかも分からない
何度泣いたかも分からない

でも、とても強い何かを感じる
君と一緒にいると嫌なことを忘れられるんだ
僕がずっと隠し持っていた後悔を全て捨ててしおまう
だってもう未練なんてないのだから

 

…とまぁ、ものすごく大雑把に訳すとこんな感じの内容を歌っていて、
これってまんまバーバラの心を歌った曲なんですよね。。
ワタクシ、映画本編を観終わってからこの曲を聴いてちょっとホロっと来てしまいました。
ラスマス・ウォルターはちょっとマイナーなアーティストではありますが、
切ない友情を歌った珠玉のロックバラードではないかと思います。

歌詞の全訳に挑戦してみようかなとも思ったのですが、
今週と来週は仕事が立て込んでいてちょっとムリでした。。

デル・マールのスコアだけでなく挿入歌もいい曲なので、
引き続きサントラ盤をよろしくお願い致します。

 

『バーバラと心の巨人』オリジナル・サウンドトラック
音楽:ローラン・ペレズ・デル・マール
レーベル:Rambling RECORDS
品番:RBCP-3297
発売日:2018/10/03
定価:2,400円+税

 

 

Mychael Danna & Jeff Danna『A Celtic Romance』好評発売中!
レーベルショップ
iTunes A Celtic Romance: The Legend of Liadain and Curithir - Mychael Danna & Jeff Danna

関連する投稿