『TOO OLD TO DIE YOUNG』のサントラ盤を買ったので、ドラマ本編も観てみることにしました。

Cliff Martinez – Too Old To Die Young(TOWER RECORDS)

既に弊社のブログでも何度か書いておりますが、ワタクシはクリフ・マルティネスの音楽が大好きなのです。
『ドライヴ』(11)でブレイクする前から、
もっと言えば『トラフィック』(00)あたりで注目され始める前、
『蒼い記憶』(95)や『KAFKA 迷宮の悪夢』(91)の頃にマルティネスの音楽を聴き始めて、それ以来ずっとマルティネスのサントラを買っている25年来のファンなのであります。

コラムの連載でお世話になっているBANGER!!!でも、第1回のコラムが『ネオン・デーモン』だったし、その後『ザ・フォーリナー/復讐者』(17)『ザ・アウトロー』(18)の音楽紹介コラムも書かせて頂いたので、我ながら筋金入りのマルティネシストと言っても過言ではないのではないかと。

そんなわけで、先頃ドラマ本編を観るよりも先に、『TOO OLD TO DIE YOUNG』(19)のサントラ盤を買ってしまいました。
CD2枚組でDisc1はマルティネスのスコアのみで40分。
Disc2はマルティネスのスコア8曲と、ジュリアン・ウィンディング・レフン、Goldfrapp、The Leather Nun、Frankie Miller、Jimmy Angel & The Jason Gutierrez、Carolina Hoyosの既製曲を収録して43分という内容。
ダミアン一味のシーンで鳴っているスカ曲は未収録でした。

サウンド的には「ニコラス・ウィンディング・レフン監督作でのマルティネスの音楽」という感じ。
マルティネスの持ち味であるアンビエント/エレクトロニック・スコアではあるのだけれども、ソダーバーグ作品の時とは音の質感が明らかに違う。
『ネオン・デーモン』(16)や『オンリー・ゴッド』(13)の時のような、妖しくて、超自然的(神秘的)で、艶やかさすら感じさせる音楽とでも申しましょうか。
『ネオン・デーモン』の音楽が好きな方ならハマれるサウンド。
夜中に延々聴いていられます。

で、マルティネスの音楽がとてもよかったので、アマゾンプライムで配信中のドラマも観てみることにしました。

トゥー・オールド・トゥー・ダイ・ヤング (字幕版) (4K UHD) : amazon prime

「13時間の映画」
「瞑想的アプローチは日本の審美性に近い」

…というレフンのコメントを読んだ時に「全10話ついて行けるかな…」と気後れしていたのですが、世の中こんな状況ですし、不要不急の外出を控えて家に籠もることが良しとされるご時世なので、この機会に腰を据えてじっくりドラマを観ようじゃないかと思い立ったわけです。

5月の連休中に第5話の「愚者」まで観たのですが、当初はあの超スローな展開に若干困惑しましたし、第2話「恋人」のドン・リカルドのスペイン語トークに至っては、マッタリした発音と独特の抑揚、長い沈黙の間も相まって催眠術のような効果があり、やや疲れていた時に視聴したせいか、何度か睡魔に襲われたりもしましたが、ヴィゴとダイアナが出てきたあたりから、物語が面白くなってきた気がします。
自分が単にジェナ・マローンとジョン・ホークスが好きだからかもしれませんが…。

「13時間の映画」という割に、サントラ盤に収録されたマルティネスのスコアの割合が少ないなと思ったのですが、ドラマ本編で音楽の占める割合が少なめだったんですね。
もっとも、「静かな時間が一番恐ろしい」というのがレフン作品の特徴だったりもするわけですが。

『ツイン・ピークス The Return』も時間の感覚がおかしくなるようなドラマシリーズでしたが、『TOO OLD TO DIE YOUNG』もまた然り。
巣籠もりのお供に残り5話を鑑賞していきたいと思います。

当方の推しキャラは、やはりダイアナさんですね。。

Mychael Danna & Jeff Danna『A Celtic Romance』好評発売中!
レーベルショップ
iTunes
A Celtic Romance: The Legend of Liadain and Curithir - Mychael Danna & Jeff Danna