ロキシー・ミュージック ロックの殿堂入り記念/自分はいかにしてロキシーとブライアン・フェリーの音楽と出会ったか

ワタクシ、ブライアン・フェリーとロキシー・ミュージックの音楽が大好きなわけですが、彼らの音楽を26年くらい聴いている計算になります。
(まぁ、それでも先日のフェリーさんの来日公演の客層の中では若年層に入るかもしれませんが…)

フェリーさんの曲を知るきっかけとなったのは、
高橋幸宏の1983年のアルバム「薔薇色の明日」でした。
B面にフェリーさんのカヴァー”This Island Earth”が収録されていたのですね。

高橋幸宏 / 薔薇色の明日 (amazon)
高橋幸宏 / 薔薇色の明日 (TOWER RECORDS)

普通、初めて聴いたフェリー/ロキシーの曲というと”スレイヴ・トゥ・ラヴ”だったり
“モア・ザン・ディス”だったり”アヴァロン”だったりするわけですが、
ワタクシの場合は”This Island Earth”。しかも幸宏さんのカヴァー。
当時小学校高学年だったかなー。屈折してます。

「ベールを脱いだ花嫁」で原曲を聴くのはもう少し後のことになるのですが。

 

で、初めて買ったロキシー・ミュージックのアルバムは「マニフェスト」でした。(「アヴァロン」とか「フレッシュ・アンド・ブラッド」じゃないところがまた屈折してる)

ROXY MUSIC / Manifesto (amazon)
ROXY MUSIC / マニフェスト [プラチナSHM]<初回限定盤> (TOWER RECORDS)

これにはワケがありまして、
1992年当時、「TOSHIBA Premire 3」というラジオ番組で幸宏さんが期間限定パーソナリティーをやっていて(レギュラー出演者の坂本龍一の代打。たぶんアルバム「LIFE TIME, HAPPY TIME 幸福の調子」のプロモーションも兼ねてたと思う)、
たまたま自分が聴いた回で「僕の友達のアーティストたち」というテーマで幸宏さんと縁のある海外ミュージシャンの曲を流していて、スティーヴ・ジャンセンやビル・ネルソン、フェリーさんの曲を流していたのでした。
そしてその時にフェリーさんの曲としてかけたのが、ロキシーのアルバム「マニフェスト」のB面曲”My Little Girl”だったのでした。
(「フィル・マンザネラも僕の好きなギタリスト」と幸宏さんがおっしゃっていたのを記憶しています)

で、この放送がきっかけでロキシーのアルバムを買うならまず「マニフェスト」かなぁと思ったわけです。
この時に”モア・ザン・ディス”をかけていたら「アヴァロン」を買っていただろうし、
“セイム・オールド・シーン”をかけていたら「フレッシュ・アンド・ブラッド」を買っていたと思うし、
“アウト・オブ・ザ・ブルー”がかかっていたら「カントリー・ライフ」を買おう…として、あの大変刺激の強いジャケットを見て逡巡していたかもしれません

 

ちなみに幸宏さん曰く、
サディスティック・ミカ・バンドがロキシーの前座を務めた頃のフェリーさんはとにかくキザな人で、ろくすっぽ人と口をきかないような男だったそうですが、
数年前(当時)に会った時は「ユキヒロ、釣り好きなんでしょ?」なんて言ってくるぐらい性格的に丸くなっていたとのこと。
「俺も結婚して変わったんだよ」とか言ってたそうです。
今のフェリーさんもこんな感じのお人と思われます。

その後ロキシーのアルバムは、
「マニフェスト」→「アヴァロン」→「フレッシュ・アンド・ブラッド」→「サイレン」→「カントリー・ライフ」と「ストランディッド」→「ロキシー・ミュージック」→「フォー・ユア・プレジャー」の順で買っていきました。
俗に言う「ロキシーの音楽の変遷に一番困惑する買い方」ですね。。
(1stから「アヴァロン」へ順番に買っていくのがベストらしい)

Bryan Ferry / Boys and Girls (amazon)
Bryan Ferry / ボーイズ・アンド・ガールズ [UHQCD x MQA-CD]<生産限定盤> (TOWER RECORDS)

フェリーさんのソロアルバムは最初に「ボーイズ&ガールズ」を買って、
その後「マムーナ」までのアルバムを当時新譜・旧譜をイッキ買いしたので、これといって新しい順とか古い順とかありませんでした。
で、この時に”This Island Earth”の原曲を初めて聴いたと。
当時は中3ぐらいだったでしょうか。
なかなか刺激的な音楽体験でした。

1990年代前半に、仙台の公立中学校でブライアン・フェリーやロキシー・ミュージックを聴いていた生徒はどれくらいいたんでしょうね…。
何か、音楽の趣味に関して全然周りと話が合わなかったのを記憶してます。

 

Daryl Hall & John Oates 関連商品 好評発売中!

■Eliot Lewis / 6 & One
レーベルショップ
iTunes
6 & One - Eliot Lewis

■Eliot Lewis / Enjoy The Ride+Master Plan
レーベルショップ
Enjoy The Ride (iTunes)
Enjoy the Ride - Eliot Lewis

Master Plan (iTunes)
Master Plan - Eliot Lewis

■Charlie DeChant / Like the Weather
レーベルショップ
 iTunes
Like the Weather - Charlie DeChant

関連する投稿