キアヌ暴走!…しかし「『レプリカズ』は家族の物語」と作曲家のマーク・キリアン氏は語った。

ランブリング・レコーズ様からのご依頼で、
『レプリカズ』(18)のサントラ盤にライナーノーツを書かせて頂きました。
音楽は『アイ・イン・ザ・スカイ/世界一安全な戦場』(15)のマーク・キリアンと、謎の人物ホセ・”ペペ”・オエダの二人。

ワタクシ、マーク・キリアンの映画音楽は10年くらい前から結構注目していて、初めて買ったサントラは『トレイター 大国の敵』(08)でした。
『ザ・ウォード/監禁病棟』(10)や『リベンジ・オブ・ザ・グリーン・ドラゴン』(14)、前述の『アイ・イン・ザ・スカイ』のサントラももちろん持ってます。

なんでキリアンの音楽に興味を持ったかというと、
「オーケストラにエレクトロニクス、民族音楽をミックスしたハイブリッドなサウンド」を得意とする作曲家なので、
ワタクシの大好きなマイケル・ダナの音楽に共通するものがあったからなんですね。
だから機会があったら是非ご本人にインタビューしたいなと常々思っていたのですが、
音楽を担当した作品が日本で劇場未公開だったり、
サントラがリリースされなかったり、
輸入盤は出てるけど公開規模が小さいので国内盤は発売されなかったり、
なかなかライナーノーツを書かせて頂く機会に恵まれませんでした。

ところが今回『レプリカズ』のサントラ盤が発売されるということで、
「この時を待っていた…!」とばかりにキリアンさんにインタビューを申し込みまして、ありがたいことに二つ返事でOKを頂いたのでございました。

ワタクシの好きなキアヌ・リーブスの映画のサントラ盤ライナーノーツを書かせて頂けて、
その上ずっとインタビューしてみたかったマーク・キリアンにも詳しくお話が聞けて、「この仕事最高かよ!」と嬉しくなってしまいました。

 

…というわけで、キリアンさんから聞き出せた『レプリカズ』の音楽についての詳しいお話はここでは内緒(全部書いてしまったらライナーノーツの意味がありませんので…)。
「ホセ・”ペペ”・オエダは何者だ?」
「なぜキリアンとオエダの二人体制なの?」
…という疑問は、サントラ盤ブックレットの差し込み解説書に目を通して頂ければすぐにお分かり頂けるようになってます。
ぜひぜひ当方のライナーノーツをご覧下さいませ。

さてその『レプリカズ』の音楽なのですが、
「オーケストラ+シンセサイザー」の洗練されたスコアに仕上がってます。
そして意外(と言っては失礼ですが)にもメロディがキレイだったりします。

『レプリカズ』公式twitterの中の人が「キアヌ暴走!」押しでプロモーションを展開していますが(それはそれで間違っていないし、なるほどそっちを強調して来たか!的なうまいプロモ戦略だなーと思う)、
音楽は『スピード』(94)みたいな燃えるメロディのスピーディーなスコアではなく、神秘的な雰囲気を漂わせたフューチャリスティックなスコアという感じ。

キリアンさんも、
「この映画は家族の物語なんだ」
「そのテーマをないがしろにするような曲は絶対書きたくなかったんだ」
…と当方のインタビューに答えてくれていまして、
なるほど、だからメロディがエモーショナルな感じになったのねと納得した次第。

 

映画をご覧になった方ならピンとくるかもしれませんが、
この物語は末っ子のゾーイが重要な存在になっていまして、
それを示唆する音楽もきちんと用意されてます。

「クローン培養ポッドが足りないからって、末の娘だけ蘇生を諦めるのか!?」とか、
「末の娘の存在自体をなかったことにするのかよ!?」とか、
「ウィリアム博士、割り切りよすぎ!」とかツッコミながら映画を観る方も多いかと思いますが、
ゾーイの存在を示唆する音楽が要所要所で流れることで、「ウィリアムも実は葛藤してるんです」ということが音楽的に表現されているんですねー。
これに気がつくと映画の見方もちょっと変わってくるのではないかと。
「オケ+シンセ」系の音楽が好きな方は買って間違いないサントラではないかと思います。

あ、そうそう。映画の最後で流れる妙にアッパーな感じの「俺ら永遠にさ生ぎるだ」的な曲”I Will Live Forever”もサントラ盤に収録されてます。
あとボーナストラック的な扱いで、EDM系ミュージシャンのVarienがリミックスしたスコアも1曲収録。全34曲でなかなか盛りだくさんなサントラ盤になってますよ。

『レプリカズ』オリジナル・サウンドトラック(amazon)
『レプリカズ』オリジナル・サウンドトラック(TOWER RECORDS)

『レプリカズ』オリジナル・サウンドトラック
音楽:ホセ・”ペペ”・オヘダ, マーク・キリアン
レーベル:Rambling RECORDS
品番:RBCP-3310
発売日:2019/05/01
定価:2,400円+税

 

Mychael Danna & Jeff Danna『A Celtic Romance』好評発売中!
レーベルショップ
iTunes A Celtic Romance: The Legend of Liadain and Curithir - Mychael Danna & Jeff Danna

関連する投稿