『おとなの恋は、まわり道』の音楽は、作曲家ウィリアム・ロスの「ベテランの味」がよく出ています。

ランブリング・レコーズ様からのご依頼で、
ウィノナ・ライダー&キアヌ・リーブス4度目の共演作『おとなの恋は、まわり道』(18)のサントラ盤にライナーノーツを書かせて頂きました。
音楽を手掛けたのは、作曲家・編曲家・指揮者・音楽監督として活躍するベテラン、ウィリアム・ロス。

ワタクシの記憶が確かならば、ロス名義のサントラ盤が日本盤として発売されるのは『マイ・ドッグ・スキップ』(00)以来18年ぶりではないかと。
『炎のメモリアル』(04)の音楽もロスが手掛けていましたが、
こちらのサントラはソング・コンピレーション盤で、ロスのスコアは1曲しか収録されていませんでしたので。

この方はオーケストレーターやアレンジャー、指揮者としての仕事が多いので、
ハンス・ジマーやジョン・ウィリアムズのような形でサントラリスナーの間で語られる機会が少ないのですね。
ご本人も映画音楽家として活動しているのだけれども、
日本未公開作やテレビ映画が多いので、
サントラ盤ライナーノーツなどで紹介される機会も少ない。

今回はものすごく久々にロスのサントラ盤が日本盤としてリリースされるし、
CD形態でリリースされるのは日本だけということで(海外はダウンロードのみ)、
ワタクシもしっかりしたライナーノーツを書こうと思い、
いろいろ頑張ってウィリアム・ロス氏にインタビューを行いました

 

続きを読む 『おとなの恋は、まわり道』の音楽は、作曲家ウィリアム・ロスの「ベテランの味」がよく出ています。