『キングスマン』は劇中使用曲の選曲センスもキレッキレだった!…の巻

kingsman_pac

前回『キングスマン』(14)のオリジナル・スコアについて書かせて頂いたので、
今回は映画本編で使われた既製曲について。

マシュー・ヴォーン監督作品のシニカルかつ意表を突く選曲センスには、
ワタクシ『レイヤー・ケーキ』(04)の時から注目しておりましたが、
(ああいう場面でデュラン・デュランの”Ordinary World”を使いますか!と驚いた)
今回の選曲もなかなかすごかった…。
曲数的には『キック・アス』(10)の時よりも少ないのですが、
選曲の裏に込められたブラックユーモアのドギツさは『キック・アス』以上でした。

 

ひとまず使用曲をざざーっとリストアップしてみましょうか。

Money For Nothing
Written by Mark Knopfler / Sting
Performed by Dire Straits

Bonkers
Written by Dizzee Rascal (as Dylan Mills) / Armand Van Helden
Performed by Dizzee Rascal & Armand Van Helden

Feel the Love
Written by Piers Agget (as Piers Aggett), Kesi Dryden,
Amir Amor (as Amir Izadkhah), John Newman
Performed by Rudimental

Free Bird
Written by Allen Collins / Ronnie Van Zant
Performed by Lynyrd Skynyrd
Courtesy of MCA Records Inc.

Pomp & Circumstance
Written by Edward Elgar

Give It Up
Written by Deborah Carter / Harry Wayne Casey (as Harry Casey)
Performed by KC & The Sunshine Band

Slave To Love
Written by Bryan Ferry
Performed by Bryan Ferry

Get Ready For It
Written by Gary Barlow / Howard Donald /
Mark Owen / Steve Robson
Performed by Take That

Heavy Crown
Written by Iggy Azalea / Jon Turner / Jon Shave /
George Astasio / Jason Pebworth / Ellie Goulding & Salt Wives
Performed by Iggy Azalea and Ellie Goulding

 

ダイアー・ストレイツのMoney for Nothingは映画のオープニングで使われたアレ。
Bonkersはエグジーとディーンのギャング団との小競り合いのシーンで流れていた曲です。
下町の若者はヒップホップを聴く、ということらしい。

RudimentalのFeel the Loveはクラブのシーンで流れていた曲。

「何だかよく分からないけどライターに火をともして”フリーバード!”と叫びたくなる曲」こと、
レイナード・スキナードのFree Birdは、
アメリカ南部の教会で「ハリー無双(ガラハッド無双でも可)」を繰り広げるシーンの曲。

コリン・ファースが長回しで壮絶な殺陣を繰り広げるこのシーン、
『キック・アス』の「ビッグダディ無双」のパワーアップ版ですね。
すさまじい迫力でした。
そこに「アメリカ南部人の心の歌」であるFree Birdを持ってくるドス黒い選曲センス。
素敵すぎます。

で、「ドス黒い選曲センス」と言ったら今回の「威風堂々」に勝るものはないだろうと。
ワタクシこの先1、2年くらい、
「威風堂々」を耳にしたら『キングスマン』の”あの場面”を思い出して失笑してしまうだろうと思います。
ああ、何て罪な映画なんでしょう。

ちなみに『キングスマン』で使われたエルガーの「威風堂々」は、
既存のものではなくヘンリー・ジャックマン+マシュー・マージソンが編曲した新録版。

https://itunes.apple.com/jp/album/pomp-circumstance-from-kingsman/id991890722

サントラ未収録ですがiTunesで1曲200円で別売りしてます。
1分強の曲1つだけのために200円払えるかどうか。
あなたの『キングスマン』愛が試されるトラックです。

 

ヴァレンタインがパーティー会場で自慢のマシンを起動させて、
世の中が大変なことになるシーンで流れるのが、
K.C. and The Sunshine Bandのノーテンキなディスコナンバー”Give It Up”。
あちこちで殺し合いをやってる時にパーティーソングというギャップがまたドス黒い。
まあ確かにヴァレンタインも「Eat, Drink and Paaaaarty!!」と言ってましたが…。

そんなこんなで事件が一件落着した後、
幽閉されていたスウェーデン王女とエグジーの”ご褒美タイム”のシーンで流れ出すのが、
ワタクシの大好きなブライアン・フェリーの80年代の大ヒット曲”Slave to Love”。
この曲、『ナインハーフ』(85)でも使われてましたねー。最高です。

なお余談ですが、
ブライアン・フェリーという人は「英国一の伊達男」として知られておりますが、
実は炭鉱労働者の家に生まれた人なんです。
その後苦学しながらニューカッスル大学でアートを学び、
音楽活動を通じてどんどんスタイルが洗練されていったのですが、
これこそまさに『キングスマン』のテーマである”Manners Maketh Man”なわけです。
そういうフェリーさんのバックグラウンドを考えると、
単にエグジーが王女様の”Slave”になって”ご褒美”を頂くからこの曲を選んだのではなくて、
マシュー・ヴォーンも「ブライアン・フェリーってキングスマンっぽいよね?」と思ったのかな、と深読みしてしまったりするのであります。

 

テイク・ザットのGet Ready for ItとIggy AzaleaのHeavy Crownはエンドクレジットで流れる曲。
マシュー・ヴォーンは『スターダスト』(07)でもテイク・ザットの曲を使っていたので、
多分彼らのファンなのだと思います。

『キングスマン』という映画をこよなく愛してしまった方は、
iTunesなどを駆使して上記の歌モノを是非フルコンプしてみてください。
これで前回ご紹介したスコア盤も購入すればもう完璧です。

 

Mychael Danna & Jeff Danna『A Celtic Romance』好評発売中!
レーベルショップ
iTunes A Celtic Romance: The Legend of Liadain and Curithir - Mychael Danna & Jeff Danna

関連する投稿