シンフォニックでスタイリッシュ、そしてメロディアスな『キングスマン』の音楽。

kingsman

9月は『ピクセル』(15)と『キングスマン』(14)がほぼ同時公開ということで、
図らずもヘンリー・ジャックマンの音楽担当作品がまとめて公開されることになりました。

ワタクシ、マシュー・ヴォーンの監督作は基本的に好きでして、
『レイヤー・ケーキ』(04)は彼のベスト作品だと思っているし、
『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』(11)もシリーズで一番好きな作品なのですが、
『キック・アス』(10)は周囲の盛り上がりほど正直ノレなかった部分がありまして、
特にヒットガールに関してはハートを奪われるどころか、
無双が壮絶すぎて空恐ろしさを感じた始末でして…。

なので今回の“キレッキレ”なるキャッチコピーが踊る『キングスマン』はどうかなーと思ったのですが、
いやーーー面白いじゃないですかこの映画!
相変わらず劇中かなりハデに殺生をやってくれますが、
当方の想像よりも血生臭くない見せ方をしていたので、
まぁこれならいいんじゃないかと。
強いて言うなら『ブレイド』(98)のバンパイア消滅描写に近い感じ。

 

作り手側のスタンスも比較的フェアというか何というか、
階級意識(エリート意識)の強い人とか、
政界・財界のセレブな人たちとか、
ロンドン下町のチンピラとか、
キリスト教原理主義者とか、
スマホ中毒の現代人とか、
過激な環境保護論者とか、
そういう人たちを等しく皮肉りまくる展開が実に痛快だったり。
そんな中で大殺生ショーを繰り広げた結果、
最後に“Manners Maketh Man”というテーマに帰結するのが大変胸アツなわけです。
こんなブラックジョーク満載のアクション映画で、
最後にホロッとさせられるとは思わなかったよ…。

 

というわけで本編の感想はこのへんにして、
『キングスマン』の音楽について書かせて頂きます。
オリジナル・スコアの作曲はヘンリー・ジャックマンとマシュー・マージソンの共同名義。
ジャックマンは『キック・アス』からの”チーム・ヴォーン”メンバーだけど、
マージソンは『キック・アス/ジャスティス・フォーエバー』(13)からの参加。
(ヴォーンさん、もうアイラン・エシュケリとは組まなくなったのね…)

映画本編が『007』へのツンデレ・ラブレターみたいな内容なので、
音楽もモロに007を意識した感じのサウンドになってます。
最近の007じゃなくて、ジョン・バリーが音楽を担当していた頃のあの雰囲気。
シンフォニックで、グラマラスで、ちょいと遊び心なんかも感じられたあの音楽ですね。
リモート・コントロール組のアーティストの皆さんは、
音圧高めのミッチリ詰まった音を鳴らす傾向が強いのですが、
今回の『キングスマン』はいい意味で音の”隙間”が感じられるアレンジになっていて、
それが「古き良き007映画のサウンド」のムードを醸し出しているように思います。

楽曲構成も非常に分かりやすい設計になっていて、
基本的に「キングスマンのテーマ」(アルバム1曲目の”Manners Maketh Man”)と、
「ヴァレンタインのテーマ」の2つで成り立っている感じ。
ヴァレンタインというのはサミュエル・L・ジャクソン扮する今回の悪党で、
アルバム3曲目の”Valentine”でそのメロディーが聴けます。
伝統とマナーを重んじる「キングスマン」のテーマは普遍的なフルオケ・サウンドのメロディー、
IT長者のヴァレンタインのテーマはデジタル業界人らしくシンセ主体のサウンド、
…というように音の質感を区別してある印象です。

 

『ピクセル』の時もそうだったけど、
ジャックマンは『キングスマン』でもハデにメインテーマを鳴らしてくれるので、
映画を見終わった頃にはメインテーマのメロディーがすっかり馴染んで、
帰途につく間に鼻歌の一つも歌ってしまえるんじゃないでしょうかねー。
特にスカイダイビングのシーンの曲(アルバム7曲目)が最高。
スカイダイビング・シーンの音楽でこんなに胸が熱くなったのは、
マーク・アイシャムの『ハートブルー』(91)以来なんじゃないかと思ったり。

マシュー・ヴォーン映画の音楽は歌モノに話題が行きがちですが、
『キングスマン』はオリジナル・スコアもクオリティ高いよ!…というわけでオススメです。

で、その歌モノについては次回いろいろまとめて書かせて頂きます。

 

Mychael Danna & Jeff Danna『A Celtic Romance』好評発売中!
レーベルショップ
iTunes A Celtic Romance: The Legend of Liadain and Curithir - Mychael Danna & Jeff Danna