シンフォニックでスタイリッシュ、そしてメロディアスな『キングスマン』の音楽。

kingsman

9月は『ピクセル』(15)と『キングスマン』(14)がほぼ同時公開ということで、
図らずもヘンリー・ジャックマンの音楽担当作品がまとめて公開されることになりました。

ワタクシ、マシュー・ヴォーンの監督作は基本的に好きでして、
『レイヤー・ケーキ』(04)は彼のベスト作品だと思っているし、
『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』(11)もシリーズで一番好きな作品なのですが、
『キック・アス』(10)は周囲の盛り上がりほど正直ノレなかった部分がありまして、
特にヒットガールに関してはハートを奪われるどころか、
無双が壮絶すぎて空恐ろしさを感じた始末でして…。

なので今回の“キレッキレ”なるキャッチコピーが踊る『キングスマン』はどうかなーと思ったのですが、
いやーーー面白いじゃないですかこの映画!
相変わらず劇中かなりハデに殺生をやってくれますが、
当方の想像よりも血生臭くない見せ方をしていたので、
まぁこれならいいんじゃないかと。
強いて言うなら『ブレイド』(98)のバンパイア消滅描写に近い感じ。

続きを読む シンフォニックでスタイリッシュ、そしてメロディアスな『キングスマン』の音楽。

【朗報】Rambling Recordsから傑作サントラ盤50タイトルがDSDリマスタリングで再発売!

Sele50_logo-660x660

サントラ盤やオサレなコンピ盤、
国内外の個性派アーティストのアルバムを精力的にリリースしているランブリング・レコーズさんから、
サウンドトラック盤の新旧名作50タイトルがリイシューされることになりました。
しかも全作品DSDリマスタリング&低価格でのリリース。
さらに高音質96kHz/24bitハイレゾ配信も同時リリースしてしまうらしいです。

以下、ランブリングさんのサイトから、
今回のリイシューのコンセプト紹介文を抜粋。

「この音楽、どこかで聴いたことある…」
そうした音楽のフレーズは、映画のサウンドトラックの楽曲であることがしばしば。
映画音楽の「スコア」と言われる音楽の深さ、
そしてそのクオリティの高さを皆さんに体感して頂くべく、
全ての音源にDSDリマスタリングを施し、
往来よりも低価格で発売することになりました。
より良い音源に生まれ変わったサウンドトラック、
一挙50タイトルをお楽しみ下さい!

オリジナル・スコアの奥深さ、
そしてクオリティの高さをリスナーの方に体感してもらいたいから、
単に旧盤をそのまま安価でリリースするのではなく、
DSDリマスタリングによる質の高い音で再発売しましょう!という心意気。
サントラの仕事に携わる者としては、嬉しくて泣けてきますね。。
これはもう「歌の入ってないサントラ盤はつまらない」とか言ってられませんよ!
スコア盤の面白さが分かると、映画もより深く味わえるようになりますからねー。

続きを読む 【朗報】Rambling Recordsから傑作サントラ盤50タイトルがDSDリマスタリングで再発売!

『マーキュリー・ライジング』の天才子役がハンサムな青年になっていた

mercury rising

連日のように報道されるエドワード・スノーデン事件のニュースで、
CIAやNSAの名前が頻繁に出るようになったので、
何か彼らのダーティーなお仕事ぶりが楽しめる(?)映画の事でも書こうと思い、
とりあえず『マーキュリー・ライジング』(98)を選んでみました。

で、いろいろ調べものをしていたら、衝撃の事実を発見。
映画本編で自閉症の少年を演じた天才子役のMiko Huges(ミコ・ヒューズ)が、
15年経ってハンサムな青年に成長していたのです。

 

続きを読む 『マーキュリー・ライジング』の天才子役がハンサムな青年になっていた