『ミッシング・リンク 英国紳士と秘密の相棒』は「コーエン兄弟監督作品の常連作曲家×ストップモーションアニメ」という異色の組み合わせが面白い

ランブリング・レコーズ様からのご依頼で、映画『ミッシング・リンク 英国紳士と秘密の相棒』(19)のサントラ盤に音楽解説を書かせて頂きました。

『ミッシング・リンク 英国紳士と秘密の相棒』オリジナル・サウンドトラック(TOWER RECORDS)


音楽担当はコーエン兄弟監督作品でおなじみのカーター・バーウェル。

以前『スリー・ビルボード』(17)のサントラ盤にも音楽解説を書かせて頂きましたが、ワタクシは『ファーゴ』(96)あたりからずっとバーウェルの音楽が好きで聴いているので、個人的に大変嬉しいご依頼でした。
字数の都合で『スリー・ビルボード』の差込解説書に書けなかったバーウェルの小ネタも今回書けたのでよかったです。

『ミッシング・リンク』の音楽はBANGER!!!でもざっくりご紹介しましたし、サントラの差込解説書でも割と詳細にご紹介した(と思う)ので、ブログで書くネタがほとんど残っておりません…。

GG賞受賞! “声優”ヒュー・ジャックマンが命を吹き込む超絶技巧アニメ『ミッシング・リンク 英国紳士と秘密の相棒』
https://www.banger.jp/anime/46995/

まぁこちらのブログでは、上記二つの当方の文章の補足という感じで書かせて頂きます。

わざわざ当方のブログを見に来て下さる方々には説明不要かとは思いますが、カーター・バーウェルはコーエン兄弟やマーティン・マクドナー、トッド・ヘインズ、ビル・コンドンなど「ちょっと難解な映画を撮る監督たちから贔屓にされている、ちょっと難しい音楽を書く作曲家」というイメージの作曲家です。難しい音楽というのは、BANGER!!!のコラムで言うところの「シリアスで示唆に富んだ音楽」ということなのですが。


簡単に言ってしまえば「登場人物の内面をストレートに表現せず、観客(聞き手)にちょっと考えさせる音楽」という感じでしょうか。だから分かりやすい音楽が必要とされるアニメーション映画の作曲の機会がほとんどなくて、おそらく長いキャリアの中でアニメ作品は2つか3つくらいなのではないかと思います。

『アノマリサ』(15)は『ミッシング・リンク』と同じストップモーション・アニメーション映画でしたが、あの映画は完全に大人向けの内容だったので、ほぼ実写のヒューマンドラマと同じ音楽でした。


そういうわけで、バーウェルがファミリー向けアニメーション映画でどんな曲を書くのか、全く想像がつかなかった。

ワタクシが音楽を聴いた印象だと、今回のバーウェルは普段と比べると素直で分かりやすいスコアを書いている感じです。
『バーン・アフター・リーディング』(08)のように、滑稽な場面にわざとシリアスな曲をつけるようなスタイルは用いずに、おかしな場面は楽しく、動きのある場面は賑やかに、悲しい場面は切ない音楽を鳴らしています。場当たり的な音楽は全くなくて、メインテーマのバリーエーションをしっかり聞かせてくれています。

だけど、同じアニメーション映画でもランディ・ニューマンやマイケル・ジアッキーノがピクサー映画の音楽を担当した時に比べると、全体的に落ち着いたトーンに仕上がっているように思います。
もっとも、これはライカの作風がピクサーやイルミネーションに比べてダークな要素を持っているからかもしれませんが(『ミッシング・リンク』の悪人たちは結構エゲツないし、悪党は改心することなく死にます)。

ごく私的なサントラの聴きどころは、ライオネル卿がアメリカ北西部を探検する一連のシーンのスコアですね。


バーウェルは『アラモ』(04)や『トゥルー・グリット』(10)、『スリー・ビルボード』などで凝ったウエスタン/アメリカーナ音楽を作曲しているので、その時の経験が本作のスコアにも反映されているのです(ワタクシ16年前に『アラモ』のサントラ盤にも音楽解説を書きました)。

ストーリー的には主に「英国」「アメリカ」「ヒマラヤ」の3ヶ所で冒険ドラマが展開しますが、音楽的で最も「バーウェルらしさ」が出ているのはアメリカのシーンではないかな、と思います。

ちなみに今回のサントラ盤には、ウォルター・マーティンが歌うエンディングテーマ”Do-Dilly-Do (A Friend Like You)”がしっかり収録されてます。ブックレットに歌詞カードはありませんが、リリックビデオがあるので歌詞はそちらをご参照ください。

ミッシング・リンク 英国紳士と秘密の相棒』オリジナル・サウンドトラック
音楽:カーター・バーウェル
発売・販売元:Rambling Records, Inc.
発売日:2020/10/21
品番:RBCP-3375
価格:2,400円(税抜)

Mychael Danna & Jeff Danna『A Celtic Romance』好評発売中!
レーベルショップ
iTunes
A Celtic Romance: The Legend of Liadain and Curithir - Mychael Danna & Jeff Danna