最近買ったサントラ盤/『TENET テネット』『トレマーズ』『ビルとテッドの大冒険』スコア盤

11月下旬から今月にかけて、来年発売の某サントラ盤の音楽解説原稿執筆と映画音楽家さんへのインタビュー、BANGER!!!コラムの執筆と仕事が立て込んでおりました(いわゆる年末進行的なやつ)。

そんな中、混み合う時間を避けてスーパーに買い出しに行ったり、なるべく人がいない時間帯に郵便局とか銀行に行ったりしないといけないので、変なところで時間の制約が厳しい生活を余儀なくされております。。

で、多忙な合間を縫って最近買ったサントラ盤はこんな感じ。

■その1:『TENET テネット』

某ショップでオーダーしたら3回くらい発売日(お届け日)変更のメールが来て、「年内にサントラ盤は手に入るかしら?」と思ったのですが、「11月下旬→12月中旬→お届けが来年1月になるかも→やっぱり12月中にお届けできます」というお知らせの流れを経て、先週遂に『TENET テネット』(20)のサントラ盤が手元に届きました。
えらく待たされましたが、注文時よりも安い値段で手に入ったので良しとします。

音楽担当はハンス・ジマーではなくルドウィグ・ゴランソン。
今回もクリストファー・ノーラン映画らしい「メロディよりもテクスチュアで聴かせるスコア」になってます(ノーラン映画で一番スコアがメロディックだったのは、デヴィッド・ジュリアンの『インソムニア』(02)かな…)。
そうは言っても、ジマーの『インセプション』(10)や『ダンケルク』(17)とも異なるテイストのサウンドで、そのあたりの違いを楽しみながら聴くのがよろしいのではないかと。

TENET original motion picture soundtrack (amazon)

Tenet (Deluxe Edition) – TOWER RECORDS

『TENET』は劇場で観たかったのですが、大事を取って断念しました。
ワタクシ学生時代に映画館でインフルエンザをうつされて、1ヶ月半近くものすごく苦しんだというツラい経験があるので、ウイルスが猛威をふるっている時期に映画館に行きたくないんですよね。。

ま、映画本編はブルーレイ&DVDになった時にしっかり観ます。

■その2:『トレマーズ』

もう「日曜洋画劇場」や衛星の映画チャンネルで何回観たか分からない、そして字幕版と吹替版で何度観たかも分からない傑作B級モンスター映画『トレマーズ』(90)。
映画公開30周年記念ということで、サントラ盤が2枚組でリリースされました。

Disc 1にアーネスト・トゥルーストのスコアを約65分(ボーナストラック込み)、Disc 2にロバート・フォークのスコアを約19分収録した、トータルタイム約85分の大ボリューム盤です。

ヴァルとアールのキャラを表現した、ギターとハーモニカを使ったフォーキーなロック調のスコアを聴くと、「そう、これこれ!」と嬉しくなりましたね。。
いかにも低予算モンスターホラーといった感じの、「グラボイドのテーマ」のオーケストラスコアもイイ感じです。

【全世界3000枚完全限定】トレマーズ公開30周年記念 (Tremors)<2枚組CD> (amazon)

Tremors (La-La Land Records:輸入盤) – TOWER RECORDS

■その3:『ビルとテッドの大冒険』スコア盤

ワタクシBANGER!!!に『ビルとテッドの時空旅行 音楽で世界を救え!』(20)の音楽紹介コラムを書いたわけですが、「音楽のリサーチのため、ちゃんと1作目と2作目のスコアも聴いておいたほうがいいんじゃないか」と思い、遅ればせながらデヴィッド・ニューマンのスコア盤を買いました。結局、字数の都合で「マーク・アイシャムとデヴィッド・ニューマンのスコア聴き比べ」のネタはコラムの中に書けませんでしたけど。。

グラミー賞ノミネート!『ビルとテッドの時空旅行 音楽で世界を救え!』 ワイルド・スタリオンズの“エクセレントな”楽曲たち
https://www.banger.jp/movie/49269/


『ビルとテッドの大冒険』(89)のスコア盤は、今年に入ってからIntradaで再販してくれたので購入できましたが、残念ながら『ビルとテッドの地獄旅行』(91)のスコア盤は廃盤&再販なしで入手できませんでした。。

改めて1作目のスコアを聴いてみると、「オーケストラ+電子音(キーボード)」でなかなかポップなスコアに仕上がってますね。
『ビルとテッドの時空旅行』と同様に、ことさら音楽で笑わせようとはしていない「素直なコメディ映画音楽」といった感じ。
サウンドの質感的には、ニューマンの『ヘザース/ベロニカの熱い日』(89)に近い印象です(ほぼ同じ時期の作品ですし)。

それにしても、『ビルとテッドの時空旅行』の監督のディーン・パリゾットは『ギャラクシー・クエスト』(99)でニューマンと仕事しているのに、何で今回の音楽担当がアイシャムになったんでしょうね。。

ちなみに上記のサントラ盤はいずれもブックレットに詳細なライナーノーツ(もちろん英文)が掲載されておりまして、年末年始に自宅に篭もって和訳しながらじっくり読むのにちょうどいい気がします。

Bill & Ted’s Excellent Adventure (score) – TOWER RECORDS

ワタクシは体質的に酒が飲めませんし、以前から会食やカラオケの類が苦手でお誘いを辞退しておりましたし、ましてや「接待を伴う飲食店」などとは無縁の生活を送っているので(ベタベタされるのが好きではないし)、基本インドア派の人間なので、年末年始”も”引き続き静かに過ごす所存です。

Mychael Danna & Jeff Danna『A Celtic Romance』好評発売中!
レーベルショップ
iTunes
A Celtic Romance: The Legend of Liadain and Curithir - Mychael Danna & Jeff Danna