『ボーン・アイデンティティー』と『推定無罪』のデラックス・エディション盤サントラを買いました。

先日Varese Sarabandeから枚数限定でリリースになった『ボーン・アイデンティティー』(02)と『推定無罪』(90)の拡張盤(デラックス・エディション)サントラを買いました。

理由はよく分かりませんが、『ボーン・アイデンティティー』は”Tumescent Edition”と銘打たれていました。

The Bourne Identity (Tumescent Edition) – TOWER RECORDS

『ボーン・アイデンティティー』のサントラは、通常盤も収録時間が53分くらいあって満足度の高いアルバムでしたが、今回のデラックス盤は全31曲、収録時間75分となっています。
通常盤に未収録だったスコアと、4曲のスコアのバージョン違いをいくつか収録しています。

シリーズ第1作ということで、まだのちのシリーズのような「ライブパーカッション乱れ打ち!」という音楽になっていなくて、「ストリングス+パーカッション+打ち込みのリズム」が主体のミニマルなアクションスコアになっているのが、いま聴くとなかなか新鮮。
エッジの効いた電子音の割合が比較的多めなのも興味深い。
ブックレットに載っているジョン・パウエルのインタビューを読むと、この手のアクション映画でテーマ曲にバスーン(ファゴット)のソロを使うというのは、当時としてはかなり斬新なアプローチだったようです。

第1作の公開から20年の節目にVareseからデラックス盤が出たのなら、2024年には『ボーン・スプレマシー』(04)のデラックス盤も発売になるんでしょうかね…。
『ボーン・アルティメイタム』(07)はDecca、『ジェイソン・ボーン』(16)はBack Lot Musicからのリリースなので、この2作品についてはその法則には当てはまらないと思いますが。

そしてもう一つはジョン・ウィリアムズの『推定無罪』のデラックス盤サントラ。

通常盤は収録時間が44分くらいだったみたいですが、今回は約78分なので大幅に増えました。

Presumed Innocent (The Deluxe Edition) – TOWER RECORDS

ワタクシ90年代当時にサントラ盤を買い損ねたので、こうしてデラックス盤が発売されて密かに嬉しかったです。

というのも、ワタクシは90年代当時まだ中学生くらいで、ハリソン・フォード主演作ということで衛星の映画チャンネル(スターチャンネルだったと思う)で『推定無罪』を観ようとしたら、母に「もう少し大人になってから観なさい」と言われてしまったんですね…。法廷でのやり取りとか事件の証拠品がいろいろ生々しいので、子どもが観るにはまだ早いと考えたらしい。
そんなわけで、もう少し”大人”になってから映画を観た頃には、サントラ盤も廃盤になって店頭から姿を消していたと。そういう思い出があるのです。

音楽のほうはメランコリックなピアノの旋律が印象に残る静かなスコア。ウィリアムズ作品の中では地味な映画ではありますが、ベスト盤などにエンドタイトル曲がセレクトされる機会も意外と多いので、結構ファンの多い作品なのではないかとも思います。自分もウィリアムズの音楽はこういう渋めの作品のほうが好きだったりします。

Mychael Danna & Jeff Danna『A Celtic Romance』好評発売中!
レーベルショップ
iTunes
A Celtic Romance: The Legend of Liadain and Curithir - Mychael Danna & Jeff Danna