『ウォール・ストリート』の音楽

wall street_money never sleeps

「ぴあ映画生活」でこの映画の上映時間を調べていたら、映画のあらすじ紹介で思いっきりあるサプライズ演出をネタバレされてしまったので、正直凹みました。

「それをここで書くか!」と思った。
せっかく映画を見に行く直前まで、可能な限り予備知識をゼロにしてたのにぃ。

この事を知らなかったら、映画を見ていて例のシーンになった時に「おお!あの人が!」と心地よく驚く事が出来たのになぁ。

ま、それはさておき、映画本編はまぎれもなく『ウォール街』(87)の正当なる続編でした。矢継ぎ早のセリフ、スプリット・スクリーンの活用、トレーディング・シーンのガチャガチャした編集、摩天楼の空撮、オリヴァー・ストーンのカメオ出演、ゴードン・ゲッコー(マイケル・ダグラス)の昔と変わらぬ冷血漢っぷりなど、1作目をきちんと踏襲した作りになってます。

ただ、中・後半の展開は「あの”金持ちのゲス野郎”だったゴードンもずいぶん変わったなー」と思ってしまいましたが。歳を取ると、あの人ですら娘や孫が愛おしくなるものらしい。1作目ではそんな一面は微塵も感じさせなかったけど。

映画を見ていて気になったので調べてみたのですが、イーライ・ウォーラックは今年で御年96歳なのですね。元気なおじいちゃんだ・・・。この映画でもいい味出しまくりでした。

とはいえ、僕がこの映画で一番楽しみにしていたのは、物語云々よりも音楽の使い方でした。


オリヴァー・ストーンの音楽マニアっぷりはつとに有名ですが、こちらも1作目をきちんと踏襲して、デヴィッド・バーン(&ブライアン・イーノ)とトーキング・ヘッズの歌モノを大々的にフィーチャーしていました。

サントラ盤がデヴィッド・バーンのレーベル”Todo Mundo”からリリースになっている事もあって、内容はバーンの歌モノ8曲+トーキング・ヘッズの”This Must be The Place (Naive Melody)”+クレイグ・アームストロングのスコア3曲というバーンのベスト盤的な内容になってます。

“Home(家)”とか”Life(人生)”とか”Place(居場所)”をテーマにしたバーンのヴォーカル曲が、映画のナレーター的役割を果たしているのが興味深い。単に彼の曲を垂れ流しているのではなくて、きちんとテーマに沿った選曲をしていると解釈していいのではないかと思います。ストーン監督&音楽監修のバド・カーがいい仕事をしています。前作同様に映画のラストで”This Must be The Place”がかかった時には、大変痛快な気分になりました。ちょっと予定調和な終わり方じゃない?と首をかしげてしまいそうな結末もこの曲で許せてしまいます。いい曲だわー。

スコア作曲のクレイグ・アームストロングは、『ワールド・トレード・センター』(06)以来のストーン監督作への登板。『WTC』の音楽は荘厳な雰囲気で素晴らしかったけど、ガヤガヤした内容になるであろう『ウォール・ストリート』にアームストロングのメランコリックな音楽は合うのだろうか?と本編鑑賞前は思っておりました。が、いざ映画を観てみたらきちんと合ってました。

というのも、前作はバブル期の80年代中頃を舞台にした映画だったので、リッチでハッピーで楽天的な音楽でよかったわけですが、今回は金融業界が破綻していく中でしぶとく生き残ろうとする”強欲”な男たちの話なので、決して楽天的な内容ではない。そこで、アームストロングの哀調を帯びた音楽が効果を発揮するというわけです。「父と娘」という情に訴えかけるテーマも描いてますし。

もっとサントラにアームストロングのスコアを入れてほしかったけど、劇中で使われたスコアはアルバムに収録された”Prison”、”Money”、”Helicopter Reveal”のバリエーションという感じだったので、まぁこの3曲だけの収録という構成も致し方ないのかも。劇中では『プランケット&マクレーン』(99)のサントラからアームストロングの”Ball”が使われてました。

wall street

ちなみに1作目の音楽を手掛けたのは、ポリスのスチュワート・コープランド。リズムの組み立てに凝った感じの軽めのシンセ・スコア。いま聴くとちょっと時代を感じさせる音楽です。コープランドも才能ある人だと思うんだけど、何か映画音楽ではいい作品に恵まれていない気がする。代表作と呼べるのが『ランブルフィッシュ』(83)と『ウォール街』だけというのはちょっと勿体ない。

Daryl Hall & John Oates 関連商品 好評発売中!

■Eliot Lewis/ 6 & One
 AMAZON
 レーベルショップ

■Charlie DeChant / Like the Weather
 AMAZON
 レーベルショップ
 iTunes Like the Weather - Charlie DeChant

関連する投稿