『ゴールデン・リバー』のアレクサンドル・デスプラのスコアは、西部劇音楽界のサード・ウェーブだと思う。

ランブリング・レコーズ様からのご依頼で、
『ゴールデン・リバー』(18)のサントラ盤にライナーノーツを書かせて頂きました。

音楽担当は『グランド・ブダペスト・ホテル』(14)と『シェイプ・オブ・ウォーター』(17)でアカデミー賞作曲賞を2度受賞した才人アレクサンドル・デスプラ。
そのデスプラが西部劇音楽初挑戦!というだけでも、
20数年来のデスプラーなワタクシとしては、この映画が楽しみで楽しみで仕方がなかったのでした。

彼のフィルモグラフィー的には、
確かに本格的な西部劇音楽は初挑戦なのですが、
『ファンタスティック・Mr.FOX』(09)で西部劇のノリに近い音楽は一度担当しているのですね。

「所帯を持ってカタギになっても、泥棒稼業の味が忘れられねぇ」的なお父さんギツネのお話でしたが、
デスプラはギターやバンジョー、トランペット、ティンパニ、ジューズ・ハープ(口琴)を使ったスコアを作曲していて、音の質感的にもブルーグラス/ウエスタンと言ってもいいサウンドを聴くことが出来ました(アルバム13曲目のBeans Secret Cider Cellarなんかはモロに西部劇風のスコアでした)。

だから今回の『ゴールデン・リバー』もこういう方向に行くのかな、と予想を立てていたのですが、いざ音源を聴いてみたら全く違ったという。

音楽の概要は先日BANGER!!!のコラムでざっくりご紹介させて頂いたので、
まずはこちらをご覧頂きたいと思います。

ジェイク・ギレンホール主演『ゴールデン・リバー』は
ジャック・オーディアール監督と天才作曲家が攻めの音楽で描く、
異色の仏製ウエスタン | BANGER!!!

https://www.banger.jp/movie/12107/

 

BANGER!!!のコラムにもう少し補足させて頂きますと、
デスプラはバンジョーとかブラス・セクションなど、
西部劇映画の音楽でよく聴く音(楽器)をあえて使わずに、
ジャズ/ブルースのコンボのスタイルを取り入れたスコアを作曲しています。
ジャック・オーディアール監督とは7作でコラボしているので、
双方納得の上で「モリコーネともバーンスタインとも違う音楽で行こう」ということになったらしい。
言うなれば西部劇音楽のサード・ウェーブ

ジャズ/ブルースのコンボとは言っても、
完全にジャズの方向には行かず、
どちらかというと反復フレーズを多用した実験的なサウンドになってます。

 

アルバム2曲目の”The Sisters Brothers”の中でメインテーマ的なメロディが登場しますが、
これが事実上の「シスターズ兄弟のテーマ」ということになるのかな。
(イーライの歯磨きのシーンなどでテーマ曲が変奏されているから)
だからといって「モリスのテーマ」や「ウォームのテーマ」があるかというと、そういう感じでもない。
まずこの時点で、モリコーネのオペラティックなマカロニ・ウエスタン音楽(メロディや特定の楽器を登場人物と密接に関連づけるスタイル)とは方向性の異なるスコアと言えるでしょう。

 

そして反復フレーズを多用しているせいか、
どことなく閉塞感のあるサウンドになっていまして、
このあたりがバーンスタインの雄大で開放感のある音楽とも違うかなと。

デスプラが反復フレーズを用いる時というのは、
大体そこに重要なメッセージがこめられているので、
(『記憶の棘』(04)とか『イミテーション・ゲーム』(14)がそうでした)
今回の「反復フレーズが醸し出す閉塞感」というのも結構重要ではないかと個人的に思ってます。
暴力の世界から逃れられないシスターズ兄弟の重い宿命みたいなものが、
反復フレーズで示唆されているのかな、と思ったり。

 

また本作ではプリペアド・ピアノやエレクトリック・ヴァイオリン、エレクトリック・チェロを使っていまして、これがなかなか面白い。
アルバム3曲目の”Duplicity”とか、6曲目の”Two Brothers, Two Friends”、7曲目の”To San Francisco”あたりで、
これらの楽器を使ったユニークなスコアを聴くことが出来ますよ。

前述のBANGER!!!のコラムでも書いたのですが、
ワタクシこの映画のテーマは「兄弟愛」「ヒューマニティ」「シヴィライゼーション」の3つではないかと考えておりまして、
デスプラのスコアもそのテーマを音楽的に描いていたのではないかなと思います。

いやー、やっぱりアレクサンドル・デスプラはすごい作曲家です。

 

『ゴールデン・リバー』オリジナル・サウンドトラック(amazon)
ゴールデン・リバー オリジナル・サウンドトラック (TOWER RECORDS)

『ゴールデン・リバー』オリジナル・サウンドトラック
音楽:アレクサンドル・デスプラ
レーベル:Rambling RECORDS
発売日:2019/06/19
品番:RBCP-3320
価格:2,400円(税抜)

 

 

Mychael Danna & Jeff Danna『A Celtic Romance』好評発売中!
レーベルショップ
iTunes A Celtic Romance: The Legend of Liadain and Curithir - Mychael Danna & Jeff Danna

関連する投稿