『さらば愛しきアウトロー』のジャズ・スコアは、ロバート・レッドフォードを最高にカッコよく、チャーミングに見せる音楽だと思う。

ランブリング・レコーズ様からのご依頼で、
『さらば愛しきアウトロー』(18)のサントラ盤にライナーノーツを書かせて頂きました。

我が家は母子二代にわたるロバート・レッドフォードのファンなので、レッドフォード出演作のサントラ盤のお仕事が出来て嬉しかったです(ある意味、レッドフォード好きの母への親孝行にもなりましたし)。

音楽を担当したのはデヴィッド・ロウリー監督作品の常連作曲家ダニエル・ハート。
『A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー』(17)が話題になったことで、ハートと彼のバンド”Dark Rooms”の知名度がグンとアップした印象がありますね。
『ピートと秘密の友達』(16)や『セインツ -約束の果て-』(13)の時は、まだそれほど注目されていなかったような気がします。

『A GHOST STORY』の時は「アルヴォ・ペルトの合唱曲やブロークン・ソーシャル・シーンの曲、70年代~80年代のジョン・カーペンターのスコア」などを模索しつつ、最終的には実存主義的な映画の内容に即した音楽を作曲していて、「いい音楽だな」ということは感覚的に分かるのだけれども、スコアのテーマや作曲者の意図を読み取るとなると少々難解なサウンドに仕上がっていました。

しかし今回の『さらば愛しきアウトロー』では、
エンターテインメント路線にシフトした、メロディアスで万人向けのジャズ・スコアを作曲しています。

 

サウンドとしてはピアノ・トリオを中心に、
ギターとサックス、
10人前後のストリングスで構成されています。
“万人向け”のジャズ・スコアと言っても、そこの妥協は一切ナシ。
レコーディングをテキサス州デントンで行うこだわりようです。
(デントン=全米で初のジャズ研究学科を創設した北テキサス大学がある地域)

映画の舞台が80年代ということで、
ロウリー監督は当初マーク・ノップラー風のギターを使ったスコアを考えていたようですが、
ハートと何度かミーティングを重ねていくうちに「ジャズ・スコアで行こう」ということになったとか。
だから本作のスコアのギターフレーズは、少し”ノップラー風”なのかもしれません。

さらにロウリーはテンプトラックを使わず、音楽なしでフィルムの編集を行ったそうです。
だから本作のスコアのリズム感は、編集された映像からもたらされたものということになりますね。
この映画の音楽の心地よいリズム感の秘密はここにあったんだな、と思いました。

サントラ盤にはハートのスコアが19曲と、
スコット・ウォーカーの「30世紀の男」、
ザ・キンクスの「ローラ」、
ジャクソン・C・フランクの「ブルース・ラン・ザ・ゲーム」が収録されているのですが、本作のハートのスコアはとにかくスゴイです。

何がスゴイって、19曲全てがメロディアスで、いわゆるメロディレスなアンダースコアが1曲もないのです。
何というのかな、「状況説明的な雰囲気作りのための漠とした音楽」みたいなものがひとつとして存在しない。
全ての楽曲が魅力的なメロディで満ちているという。

当方が音源をじっくり聴きこんでみたところ、
主題となる4つのメロディがありまして、
それが「メインテーマ」だったり「愛のテーマ」だったりするわけですが、
基本的にそれらが全て主人公のフォレスト(というかロバート・レッドフォード)に奉仕するメロディとなっている印象。例えて言うなら、

メインテーマ=「生涯アウトローな僕」のテーマ
愛のテーマ=「老年になっても女性とのロマンスを楽しむ僕」のテーマ
銀行強盗のテーマ=「誰も傷つけず、紳士的に”仕事”を成功させる僕」のテーマ
フォレストの第2テーマ=「冒険とロマンに生きる僕」のテーマ

…という感じ。
ハートの音楽の効果も相まって、
本作のレッドフォードは(82歳だけど)最高にカッコよくチャーミングに撮られています。
どのテーマがどの曲に使われているかは、
実際にサントラ盤を聴いて頂いて、
「もしかしてコレのことじゃないか?」という感じで見つけ出して頂ければと思います。

フォレストのための曲以外でも、
アルバム6曲目の”John and Maureen”はジョン・ハント刑事(ケイシー・アフレック)と彼の家族のためのテーマで、
8曲目の”The Over the Hill Gang”はフォレスト&テディ&ウォラーの「黄昏ギャング」のテーマなのではないかと思われます。
前者はピアノによるスウィートなメロディ、
後者は70年代ケイパー映画っぽいグルーヴィーなサウンドが聴きどころです。

『さらば愛しきアウトロー』オリジナル・サウンドトラック(amazon)
さらば愛しきアウトロー オリジナル・サウンドトラック (TOWER RECORDS)

『さらば愛しきアウトロー』オリジナル・サウンドトラック
音楽:ダニエル・ハート
レーベル:Rambling RECORDS
発売日:2019/06/26
品番:RBCP-3318
価格:2,400円(税抜)

 

Mychael Danna & Jeff Danna『A Celtic Romance』好評発売中!
レーベルショップ
iTunes A Celtic Romance: The Legend of Liadain and Curithir - Mychael Danna & Jeff Danna

関連する投稿