『フォードvsフェラーリ』は、スコアアルバムとコンピレーションアルバムの両方が欲しくなる音楽でした。

先週『フォードvsフェラーリ』(19)を観てきました。
ワタクシはマルコ・ベルトラミの音楽が一番楽しみだったのですが、今回は思いっきりギターロックを鳴らしていて、映画本編に負けないくらい面白い音楽に仕上がっていました。

で、ブログで何か書こうと思っていたのですが、
どうせなら1月のBANGER!!!コラムでスコアの聴きどころをしっかりご紹介しようと思い、
ブログ用にストックしていたネタを全てBANGER!!!のコラムに注ぎ込んでしまいました。。

多彩なギターサウンドとエンジン音が融合『フォードvsフェラーリ』のパワフルな音楽 | BANGER!!!
https://www.banger.jp/movie/26569/

…つきましては、マルコさんのスコアの聴きどころについては上記BANGER!!!コラムをご覧頂くとして、
ここではその補足的なネタを書かせて頂きたいと思います。

「男の友情」「プロフェショナルの意地」「カーレースの世界」「実話もの」というと、最近だと『ラッシュ/プライドと友情』(13)が思い浮かびます。


『ラッシュ』のハンス・ジマーの音楽は、激しさの中にもどこかジマーさんらしい洗練された音作りの跡が垣間見えたのですが、
『フォードvsフェラーリ』のマルコさんの音楽はかなり荒削りなロック・サウンドでした。
物語の舞台が60年代ということもあってか、
当時のギターインストのロックとか、
ガレージロックのようなサウンドになってましたね。
ジョニー・キャッシュの曲のようなギターサウンドが聞こえてきた時は正直シビれました。
はみ出し者っぽい男たちのドラマと、
パラメーターをスピードに全振りしたような無骨なマシン、
耐久レースのハードな世界観と見事にマッチしたギターロック・スコアでした。

で、この映画は劇中でも往年のギターロックがいくつか流れるのですが、既製曲とマルコさんのスコアのギターの音がとてもスムーズに繋がっている印象でした。マルコさんが60年代当時のエレキギターの音をしっかり研究した証と言えるでしょう。
「7000RPM」という曲がスローなアンビエント・スコアになっているのも、劇中シェルビーがセリフやモノローグで語った内容を反映させているからだと思います。

BANGER!!!のコラムではサウンドトラックアルバム(いわゆるコンピレーションアルバム)のジャケ写しか紹介されていませんが、
この映画、ちゃんとスコアアルバムもリリースされてます。

  1. Le Mans 66 (5:42)
  2. Wide View (1:35)
  3. Driving in the Rain (1:52)
  4. Henry Ford the Second (0:44)
  5. Ferrari Factory (1:35)
  6. Iacocca’s Idea (0:59)
  7. Photos to Fiat (1:10)
  8. 7000 RPM (1:28)
  9. Willow Sprints (1:19)
  10. Henry Ford’s Revenge (1:00)
  11. Thirty Minutes (0:51)
  12. Miles Is Not a Ford Man (1:08)
  13. Walk the Track (1:57)
  14. Chasing Bandini (3:14)
  15. Night Driving (2:27)
  16. Miles Did It (1:11)
  17. The Request/The Car Is Yours/Perfect Lap (4:36)
  18. Team Player (3:20)
  19. Crescent Wrench – Edit (1:47)
  20. Le Mans 59 (1:33)


ユニバーサルミュージックさんにお願いして、スコアとコンピの両方のジャケ写を頂いて編集部にお送りしたのですが、どうも諸般の事情でジャケット画像は片方だけの使用になったようです(他にも写真をいろいろ使ったからだと思われます)。
まあ、スコアアルバムのほうはダイジェスト動画が埋め込まれているので、そちらの方でひとつよろしくということで…。

しかしこれだけ面白い内容のアルバムに仕上がっているだけに、どちらもダウンロード版のリリースしかないのは実に残念ですね。。
この作品こそCDプレス盤で出してほしかった。
コンピアルバムの方にもマルコさんのスコアが数曲収録されているから、この際コンピアルバムだけでもCDプレス盤で出てほしかったです(コンピアルバムはアナログ盤でのリリースがあるようですが)。

マルコさんはマンゴールドの『3時10分、決断のとき』(07)でアカデミー賞作曲賞にノミネートされているから、
今回もオスカーノミネートを狙えるんじゃないかと思っていたのですが、残念ながらそれは叶わずでした。
オスカーを狙うにはサウンドがロック過ぎたか…?

まあ何はともあれ、『フォードvsフェラーリ』の男のドラマにハマった方々には、是非スコアアルバムとコンピレーションアルバムの両方をお買い求め頂きたいなと思います。

ちなみにコンピレーションアルバムの収録曲は以下の通り。

  1. Polk Salad Annie (Ford V Ferrari Remix) – James Burton (3:26)
  2. Money (That’s What I Want) – The Kingsmen (2:19)
  3. Have Love Will Travel – The Sonics (2:38)
  4. I Put a Spell On You – Nina Simone (2:36)
  5. Une Fille Comme Toi – Lucky Blondo (2:34)
  6. Love’s Gonna Live Here – Buck Owens (2:00)
  7. Stranger in a Strange Land – The Byrds (3:05)
  8. Le Mans 66 – Marco Beltrami & Buck Sanders (5:41)
  9. Team Player – Marco Beltrami & Buck Sanders (3:17)
  10. Crescent Wrench – Marco Beltrami & Buck Sanders (1:35)
  11. Ace of Spades – Link Wray (2:18)
  12. Dark Side – The Shadows of Knight (2:02)
  13. Hipsville 29 B.C. (I Need Help) – The Sparkles (2:12)
  14. Flyin Saucers Rock N Roll – Billy Lee Riley (2:04)
  15. Shooting Star – Les Baxter (1:57)

Le Mans ’66 – soundtrack (amazon)
Le Mans ’66 – Original Soundtrack (TOWER RECORDS)

※1/28追記:
当方のブログの読者様から、『フォードvsフェラーリ』のコンピアルバムは『Le Mans ’66』のタイトルでヨーロッパ盤が出てますよ!」という情報をご提供頂きましたので、amazon/タワーレコードオンラインへのリンクを追加しました。

Mychael Danna & Jeff Danna『A Celtic Romance』好評発売中!
レーベルショップ
iTunes
A Celtic Romance: The Legend of Liadain and Curithir - Mychael Danna & Jeff Danna