『クリード 炎の宿敵』を観て、『クリード チャンプを継ぐ男』の音楽の構成がよく分かったという話。

新年一発目の映画はマスコミ試写会で観た某映画(←諸事情によりまだ言えない)だったのですが、映画館で観たのは『クリード 炎の宿敵』(18)ということになりました。

『クリード チャンプを継ぐ男』(15)はとてもいい出来だったし、
今回はイワン・ドラゴとの遺恨戦第2ラウンドを描くとなったら、
こりゃ期待しないのが無理でしょ!…という感じだったのですが、
いや~~いい映画でしたねこれ。
ワタクシは映画が始まってからずっとドラゴに感情移入して観てしまいましたよ。。

思えばワタクシは『ウォーリアー』(11)でもトム・ハーディ扮するトミーを応援していたし、「守るべきもののために戦う」キャラよりも「失うものは何もない」キャラに肩入れする傾向があるのかもしれません。
『ロッキー4/炎の友情』(85)の後、ドラゴが33年間どんな人生を送ってきたのか考えるだけでも泣けてくるのに、
映画のクライマックスで息子にとったあの行動ときたら…。
「それでいい、それでいいんだよドラゴ!」と心の中で叫んでいましたね。。(大袈裟?)

さて何だかよく分からないブログタイトルの件ですが、
今回の『炎の宿敵』を観て、前作『チャンプを継ぐ男』の音楽でモヤモヤしていた部分がいろいろクリアになりまして、
それについてちょっと書いてみようかなと思った次第です。

 

続きを読む 『クリード 炎の宿敵』を観て、『クリード チャンプを継ぐ男』の音楽の構成がよく分かったという話。

『Merry Christmas! ロンドンに奇跡を起こした男』の音楽について、マイケル・ダナにインタビューしました。

以前ブログで何度か『Merry Christmas! ロンドンに奇跡を起こした男』(17)のサントラについて書きましたが、
「日本盤出るかなー、出ればいいなー」と思っていたものの、結局発売されませんでした(まぁ想定の範囲内の結果でしたが…)。

下記のようにサントラ自体は出てるのですが。

The Man Who Invented Christmas (amazon)
The Man Who Invented Christmas (TOWER RECORDS)

 

ワタクシは公開初日に映画を観ましたが、
とてもいい映画だったし、
我らがマイケル・ダナさんの音楽もすごくよかったし、
マイケルさん本人も「いい映画だから、たくさんの人に観てもらいたいと思ってるんだ」と言っていたので、なにか映画や音楽を紹介できる方法がないかなーと考えておりました。

 

で、ありがたいことにワタクシは11月末からムービープラス様の映画情報サイト「BANGER!!!」でコラムを書かせて頂くことになったので、
マイケルさんのインタビュー記事を掲載できないかと担当の方に交渉してみたところ、当方の持ち込み企画にOKが出ましたので、
先週はマイケルさんへのインタビューと、マイケルさんから頂いた回答の翻訳で忙しくしておりました。

ブログは毎週更新しようと思っていたのですが、
先週はマイケルさんへのインタビュー申し込み、
回答を待つ間に別件の原稿執筆と東京出張、
マイケルさんのインタビュー回答の翻訳、
その他雑用などなど、
やることがあまりにも多すぎて(重なりすぎて)ブログまで気が回らず、
更新をサボってしまいました。。

インタビュー原稿は本日先方にお送りしたので、
近日中にBANGER!!!に記事がアップされると思います。

今しばらくお待ち下さい。

12/19追記:
…というわけでBANGER!!!にインタビュー記事がアップされましたのでよろしくです。

『Merry Christmas! ~ロンドンに奇跡を起こした男~』 作曲家マイケル・ダナ 独占インタビュー | BANGER!!!
https://www.banger.jp/movie/1945/

 

Mychael Danna & Jeff Danna『A Celtic Romance』好評発売中!
レーベルショップ
iTunes A Celtic Romance: The Legend of Liadain and Curithir - Mychael Danna & Jeff Danna

『おとなの恋は、まわり道』の音楽は、作曲家ウィリアム・ロスの「ベテランの味」がよく出ています。

ランブリング・レコーズ様からのご依頼で、ウィノナ・ライダー&キアヌ・リーブス4度目の共演作『おとなの恋は、まわり道』(18)のサントラ盤にライナーノーツを書かせて頂きました。
音楽を手掛けたのは、作曲家・編曲家・指揮者・音楽監督として活躍するベテラン、ウィリアム・ロス。

ワタクシの記憶が確かならば、ロス名義のサントラ盤が日本盤として発売されるのは『マイ・ドッグ・スキップ』(00)以来18年ぶりではないかと。
『炎のメモリアル』(04)の音楽もロスが手掛けていましたが、こちらのサントラはソング・コンピレーション盤で、ロスのスコアは1曲しか収録されていませんでしたので。

この方はオーケストレーターやアレンジャー、指揮者としての仕事が多いので、ハンス・ジマーやジョン・ウィリアムズのような形でサントラリスナーの間で語られる機会が少ないのですね。
ご本人も映画音楽家として活動しているのだけれども、日本未公開作やテレビ映画が多いので、サントラ盤ライナーノーツなどで紹介される機会も少ない。

今回はものすごく久々にロスのサントラ盤が日本盤としてリリースされるし、CD形態でリリースされるのは日本だけということで(海外はダウンロードのみ)、ワタクシもしっかりしたライナーノーツを書こうと思い、いろいろ頑張ってウィリアム・ロス氏にインタビューを行いました

 

続きを読む 『おとなの恋は、まわり道』の音楽は、作曲家ウィリアム・ロスの「ベテランの味」がよく出ています。