『Mr.インクレディブル』と『インクレディブル・ファミリー』の音楽に関するムダ知識を綴ってみる。

ウォルト・ディズニー・ジャパン様からのご依頼で、
『インクレディブル・ファミリー』(18)のサントラ盤にライナーノーツを書かせて頂きました。
音楽は前作『Mr.インクレディブル』(04)に引き続きマイケル・ジアッキーノ。

先日のブログで大体サントラの紹介はさせて頂いたのですが、
せっかくなので、文字数の関係や締切スケジュールの都合でライナーノーツに書けなかったネタをもう少しブログで書かせて頂こうかなと思います。

 

続きを読む 『Mr.インクレディブル』と『インクレディブル・ファミリー』の音楽に関するムダ知識を綴ってみる。

よりパワフルに!よりグルーヴィーに!より多彩に! パワーアップした『インクレディブル・ファミリー』のサントラ盤が楽しすぎる!という話

ウォルト・ディズニー・ジャパン様からのご依頼で、
『インクレディブル・ファミリー』(18)のサントラ盤にライナーノーツを書かせて頂きました。
音楽は前作『Mr.インクレディブル』(04)に続いてマイケル・ジアッキーノ。
もう1作目から14年になるんですね。。

ワタクシがこちらのお仕事を先方から頂いたのは、
本国でも公開が始まる前の頃でした。
それゆえ諸々の情報がまだ解禁になっていなくて、
とにかく情報が少なく、
それでいて締切スケジュールはタイトという、
なかなかハードなお仕事でした。

とはいえ情報が少ないからと言って、
映画のあらすじ部分で文字数を盛った文章でお茶を濁すのはいただけない。
さてどうしたものかとかなり悩みました。

ワタクシは『LOST』で4回、
『M:I:III』(06)、『スピード・レーサー』(08)、『カーズ2』(11)、
『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』(11)、
『スター・トレック イントゥ・ダークネス』(13)で合計9回ジアッキーノ作品のライナーノーツを書かせて頂いて、
まだブレイク前のジアッキーノに3回インタビューして、
ジアッキーノの天才作曲家ぶりを早いうちから日本のサントラリスナーの皆さまにプロモーションした自称”ジアッキーニスト”でもありますので、
過去のインタビュー記事を再利用させて頂いたり、
以前使えなかったインタビューの没ネタを引っ張り出してきたり、
映画のマスコミ試写の時にエンドクレジットの音楽情報を目を皿のようにして総チェックしたりして、
かなり気合いを入れて『インクレディブル・ファミリー』のライナーノーツを書かせて頂きました。

…というわけで、ワタクシの努力の成果はサントラ盤の差し込み解説書にてご確認頂くとして、
このブログではライナーノーツで書けなかったネタや、
ライナーノーツでの音楽解説とは違った視点から『インクレディブル・ファミリー』のスコアをご紹介しようかなと思います。

続きを読む よりパワフルに!よりグルーヴィーに!より多彩に! パワーアップした『インクレディブル・ファミリー』のサントラ盤が楽しすぎる!という話

ユニバーサルの「サントラ1000キャンペーン」で『羊たちの沈黙』のサントラを購入。

先月末にユニバーサルミュージックの「サントラ1000キャンペーン」で、
旧作サントラが期間限定で1,000円にて続々と再発売されました。

ユニバーサルの過去タイトルだけでなく、
以前Hollywood RecordsやVirginから出ていたタイトルも含まれていて、
『フェイス/オフ』(97)や『ガタカ』(97)などのアイテムもあったりして、
なかなか嬉しいラインナップになってます。

かくいう自分もひととおりのタイトルは所持しているものの、
経年劣化でブックレットがヨレてきたサントラや、
若い頃(学生時代)に聴きまくって盤面に若干キズがついてきたサントラもあったので、
懐具合と相談しながら新品に買い換えようかなと考えております。

そんな中、真っ先に購入したのが『羊たちの沈黙』(91)のサントラ盤でした。

 

 

続きを読む ユニバーサルの「サントラ1000キャンペーン」で『羊たちの沈黙』のサントラを購入。

『JASON BOURNE』の音楽がジョン・パウエル&デヴィッド・バックリーに決まったらしいので…

jason-bourne-poster

アイデンティティーとスプレマシー、
アルティメイタムの三部作で完結したはずの『ジェイソン・ボーン』シリーズですが、
こんな大ヒットコンテンツをハリウッドが簡単に終わらせるはずもなく、
『JASON BOURNE』(16)として再始動することになりました。

まぁ続編を作るにあたってストーリー的にも無理がない脚本が出来て、
ポール・グリーングラス監督もマット・デイモンもやる気になったので、
それぞれの思惑が一致してのシリーズ復活ということなのでしょう。

なおジェレミー・レナー主演の番外編『ボーン・レガシー』(12)も続編を作る予定はある…らしいです、一応。

 

続きを読む 『JASON BOURNE』の音楽がジョン・パウエル&デヴィッド・バックリーに決まったらしいので…

17歳の肖像(An Education)

an education

この映画の原題は『An Education』。まぁ直訳すればズバリそのまま「教育」でしょうか。そのまま学校での”教育”を意味する一方、人生で挫折を味わったり辛い目に遭ったりする事もまた「学校では教えてくれない”教育”」なのですよ、というような事を描いた物語なんですが、何かそういうテーマがちと伝わりにくい邦題になってしまったなーという感じ。

『17歳のカルテ』(99)とか『17歳の処方箋』(02)とか『アイコ十六歳』(83)とか、日本人はこういう17歳とか16歳って年齢のタイトルに惹きつけられるものがあるんだろうか。「17歳の何たら」というタイトルが既に2つあるのが痛い。

続きを読む 17歳の肖像(An Education)