アカデミー賞作曲賞ノミネートは伊達じゃない! 『この茫漠たる荒野で』のジェームズ・ニュートン・ハワードの音楽が素晴らしいというお話。

ランブリング・レコーズ様からのご依頼で、NETFLIXで配信中の映画『この茫漠たる荒野で』(20)のサントラ盤に音楽解説を書かせて頂きました。
音楽担当は『ファンタスティック・ビースト』シリーズ(16,18)や『ナイトクローラー』(14)のジェームズ・ニュートン・ハワード(以下JNH)。

まずサントラ盤の概要については、BANGER!!!に書かせて頂いたこちらのコラムをご覧下さい。

アカデミー賞有力! Netflix『この茫漠たる荒野で』 壊れた世界を調和へと導く意味深長な音楽
https://www.banger.jp/movie/53607/

サントラ盤のブックレットにはポール・グリーングラス監督の比較的長めのライナーノーツが載っていたので、こちらは学生時代の恩師に全訳をお願いしました。
『この茫漠たる荒野で』の音楽のこと、そしてパンデミックでボロボロになっている今日の現実世界のことなど、かなり大事なことが書かれてあったので、これはプロの方に翻訳して頂いたほうがいいなと思ったので。これを読むのと読まないのとでは、本作の音楽に対する見方(聞き方)もかなり変わってくると思います。

さてワタクシはJNHの音楽が大好きでして、学生時代(90年代前半)からいろんなサントラを買い漁っていました。

『メジャーリーグ』(89)や『摩天楼を夢みて』(92)…はコンピ盤でしたが、『逃亡者』(93)とか『ダイヤルM』(98)とか『ディアボロス 悪魔の扉』(97)とかいろいろです。


個人的に一番好きなJNHの作品は、何と言っても『わかれ路』(93)ですね。トゥーツ・シールマンスのハーモニカをフィーチャーした、コンテンポラリー・フュージョン系のスコアがすごくよかった。

しかしながら、サントラリスナーとの会話で「ジェームズ・ニュートン・ハワードが好き!」と公言しても、なかなか会話が盛り上がってくれなかったり、「あ、そうなんですか。ところで私はですね…」と華麗にスルーされたり、「通ぶってマニアックな作曲家を選びやがって」と思われたり、個人的な体験から言ってもいい思い出がほとんどなかった。「ビートルズのメンバーで誰が好き?」と聞かれて、「ジョージ・ハリスン!」と答えた時の相手のリアクションに似ているかもしれません。

でも、いや、そんな感じだからこそ、「ジェームズ・ニュートン・ハワードの音楽はいいぞ」とワタクシは声を大にして申し上げたいわけです。

JNHはダニー・エルフマンとかハンス・ジマーと同じようにポップ・ミュージック界から映画音楽界に進出した作曲家ですが、サントラリスナーから「エルフマン節」とか「ジマー節」と形容されるような強烈な個性を前面に出さない人なので、どうしても音楽が地味な印象を持たれてしまう。

でもアカデミー賞の歌曲賞(主題歌賞)に2度ノミネートされていることからも分かるように、優れたメロディメイカーでもあるんですね。
実際、今回の『この茫漠たる荒野で』もメインテーマのメロディが抜群に素晴らしい。
「世界のニュース(News of the World)」の読み伝えで人々を啓蒙し、コミュニケーションを取るのが困難な孤児の少女と辛抱強く心を通わせようとする、キッド大尉の内面を過不足なく表現したテーマ曲だったように思います。

メインテーマの旋律は西部劇っぽくない感じなのですが、キッドとジョハンナがダラスに到着したシーンで西部劇チックなモティーフが流れるので、こちらも注目して頂きたい。
映画の中でこのメロディが流れるシーンは(断片的なものも含めて)2回か3回くらいなので、こちらはサブテーマという感じでしょうかね。スコアの隠し味にシンセサウンド(ベースの持続音とか)を使っているので、西部劇音楽だけれども、どこかモダンなテイストなのが面白いです。

それからBANGER!!!のコラムの中でもご紹介した「中世の古楽器と近代オーケストラ楽器を共演させる」手法ですが、ハワードは『恋の闇 愛の光』(96)でその音楽表現を用いています。


この映画の音楽を聴いた経験が20年以上経ってから役立つことになるとは、世の中分からないものです。長年JNHのファンをやっていて本当に良かった。

JNHの西部劇スコアというと真っ先に『ワイアット・アープ』(94)が挙がりますが、『この茫漠たる荒野で』の音楽は『ワイアット・アープ』とはタイプが異なる感じです。選びぬかれたメロディと、きめ細やかなテクスチュア(アレンジ)で聴かせるスコアではないかと思います。

『この茫漠たる荒野で』で是非ゴールデングローブ賞の作曲賞を受賞してもらいたかったんですけども、JNHという人は「無冠の帝王」でもあるんですよね。。アカデミー賞作曲賞にもめでたくノミネートされましたが、アカデミー賞というのは「無冠の帝王」系の人たちになかなか賞をくれない傾向があるので、個人的にはJNHが受賞してほしいのですが、その一方で今回も難しいのかなと思ったりもします。この方の音楽がもっと評価されてほしいと思う今日このごろです。

【輸入盤国内仕様】この茫漠たる荒野で(News Of The World)<解説付> (amazon)
輸入盤国内仕様】この茫漠たる荒野で(TOWER RECORDS)

『この茫漠たる荒野で』オリジナル・サウンドトラック
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード
輸入・販売元:Rambling RECORDS Inc.
品番:RBCP-7446

Mychael Danna & Jeff Danna『A Celtic Romance』好評発売中!
レーベルショップ
iTunes
A Celtic Romance: The Legend of Liadain and Curithir - Mychael Danna & Jeff Danna