仕事で『ブラザー・ミッション ライド・アロング2』のスコア盤を聴いたら、思った以上によい出来のアクションコメディ音楽だったお話。

以前のブログでも2度ほどお知らせしたランブリング・レコーズさんのBack Lot Music旧作サントラ15タイトル国内仕様リリース企画。3月も5タイトルが発売になりました。
その中でワタクシが音楽解説を書かせて頂いていたのが、『ブラザー・ミッション ライド・アロング2』(16)。説明不要かとも思いますが、『ライド・アロング ~相棒見習い~』(14)の続編です。

『ブラザー・ミッション ライド・アロング2』オリジナル・サウンドトラック(amazon)
『ブラザー・ミッション ライド・アロング2』オリジナル・サウンドトラック(TOWER RECORDS)

主演のアイス・キューブ、ケヴィン・ハート、助演のティカ・サンプター。ブルース・マクギル、監督のティム・ストーリー、スコア作曲のクリストファー・レナーツが続投。

クリストファー・レナーツといえば、ワタクシ10年近く前に『イースターラビットのキャンディ工場』(11)のスコア盤に音楽解説を書かせて頂きまして、その時の差込解説書にも書いたのですが、レナーツは「歌曲が目立つ映画でスコアを作曲している人」で、ヒット作(主にコメディ映画)でいい仕事をしていても、なかなかサントラリスナーに注目されない印象がありました。『イースターラビットのキャンディ工場』も、『アルビン/歌うシマリス3兄弟』(07)も、『ソーセージ・パーティー』(16)もそういうタイプの映画だった。

2000年代でレナーツのスコアをじっくり聴きたかったら、ゲームソフト『メダル・オブ・オナー』の初期作(「ライジングサン」「パシフィックアサルト」「ヨーロッパ強襲」)あたりを聴くしかなかった。

でも最近はNetflixの『ロスト・イン・スペース』(18~)やAmazonの『ザ・ボーイズ』(19~)の音楽を担当していて、スコアアルバムもリリースされているので、徐々に注目されつつあるのかなという感じです。
日本で最もレナーツのスコアを真剣に聴いている(…と自分では思ってます)ワタクシにとっては、彼が好調なのは大変嬉しく思います。

…とまぁそんなわけで『ライド・アロング2』の音楽解説も心を込めて書かせて頂いたわけですが、音源を聴いたら当方の思った以上に聴き応えのあるスコア(劇伴)だったので、楽しいお仕事でもありました。

前作の舞台はアトランタでしたが、今回はマイアミということで音楽もラテンミュージックの要素を大量投入。トランペットのアルトゥール・サンドヴァルとパーカッションのシーラ・Eがゲスト参加しています。
時期的に言うと、サンドヴァルが『アメイジング・スパイダーマン2』(14)に参加して、シーラ・Eが『マン・オブ・スティール』(13)のドラム・オーケストラに参加した頃。「旬のアーティスト(…という表現を使うにはどちらも大御所ですが)を使っちゃえ!」というレナーツのフットワークの軽さが光ります。

で、主役がアイス・キューブで劇中でもヒップホップがガンガン流れるので、スコアも「オーケストラ+ラテンミュージック+ヒップホップ」という構成。フルオケスコアにフラメンコギターやラテンパーカッション、打ち込みのリズムとスクラッチノイズがミックスされた音楽です。

アルバム2曲目の”The Brothers In-Law”が、前作のメインテーマをラテンミュージック調にアレンジした曲。ワタクシはちゃんと前作を観てから本作を観たので、「ああ、あの曲が(シリーズの)メインテーマだったのか」と分かりました(ちなみに前作もスコアアルバムが出てます)。

音楽は続編のほうが豪華になっていて聴き応えがあるのですが、個人的な意見と致しましては、映画の内容は第1作のほうが面白かったような気がします。「1作目を超える続編」というのはなかなかないもんですね…。

ちなみにアルバム14曲目のタイトルが「FNS.7」となっていますが、映画本編をご覧になった方ならお気づきの通り、これは「FN5-7」の間違いです。輸入盤国内仕様なのでジャケ裏やブックレットの表記は「FNS.7」のままですが、差込解説書ではちゃんと修正してあります。

『ブラザー・ミッション ライド・アロング2』オリジナル・サウンドトラック(輸入盤国内仕様)
音楽:クリストファー・レナーツ
輸入・販売元:Rambling RECORDS Inc.
品番:RBCP-7460
価格:2,200円(税込)
発売日:2022年03月23日

Mychael Danna & Jeff Danna『A Celtic Romance』好評発売中!
レーベルショップ
iTunes
A Celtic Romance: The Legend of Liadain and Curithir - Mychael Danna & Jeff Danna