サバイバーシリーズ

本題に入る前に(むしろコチラの方が重要かもしれませんが)、サーバーメンテナンスのお知らせです。
平成20年12月10日(水) AM 2:00 〜 AM 7:00、つまり今日の深夜から明け方までの間という事に
なりますが、Marigold Music Mail Orderで使用しているASPサービスColor Me Shop! Proで
サーバーメンテナンスがあるそうです。この時間帯は一部機能が不安定になるかもしれませんので、
ご利用の際はお気をつけ下さい。

さて表題の件ですが、ワタクシWWEのPPVでサバイバーシリーズは結構楽しみにしているのですが、
この特番の名物である団体戦の顔ぶれがいつの間にか決まっていて、「あれ?」と思ってしまいました。
いや、普段だったら10人タッグ戦のメンツが決まるまで1ヶ月くらいかけてドラマが展開するのですが、
今年はさしたるドラマもなくメンバーが発表になっていたので…。

サバイバーシリーズのドラマといえば、数年前は結構面白かったんですけどね。個人的にはストーン
コールドのGM更迭を賭けてチーム・ビショフとチーム・ストーンコールドが激突した年がベストかな、と。
(ジェリコ&クリスチャンの極悪非道っぷりと、HBKの孤軍奮闘・自己陶酔演技が見ものです)

スマックダウンとRAWの番組間抗争が激化して、そのままSD対RAWのチームで戦った事もあったかな?
あとはカート・アングルとブロック・レスナーの抗争が発展して、二人の組んだチームが激突した年も
あったと思います。確かエミネムもどきのヒールキャラを演じていたジョン・シナがベビーターンしたのも、
その年のサバイバーシリーズがキッカケだったのではないかと思います。
あの頃のシナはあんまり客に媚びないキャラで、あっさりしていて良かったなぁ(今はちょっと…ねぇ)。

何にしても、以前の方が抗争に至る経緯が凝っていて面白かったな、と思うわけです。

最近のWWE(特にRAW)はストーリーの要素が弱くて、7年ほど番組を見てきたワタクシとしてはちょっと
物足りない印象です。脚本家の皆さんは以前のようにパンチの効いたストーリー作りをして頂きたいなぁと
思った次第です。

まぁ、何だかんだ言ってもPPVは見るわけですが。

  

WALL・E / ウォーリー

ピクサー最新作『WALL・E / ウォーリー』が遂に劇場公開になりました。

ワタクシがサントラ盤ライナーノーツの仕事でマスコミ試写に行ったのが9月18日。
あまりにもいい映画だったので、もう一回観たいな〜と思ったら、仙台では字幕版の
劇場公開がMOVIX仙台のみで、しかも上映は1日2回だけ(12/7現在)。ううむ、
日本語吹替えの上映がデフォルトなのか。字幕で観たいんだけどな…。

ま、それはさておき。映画について既にあちこちのブログやwebサイトで語られて
いるとは思いますが、ゴミ処理ロボット・ウォーリーがとにかく健気で泣けるんです。
友達のゴキブリくん一匹以外誰もいなくなった地球で黙々とゴミを圧縮・整理する
作業に勤しみ、ゴミの中から自分だけの宝物を探す姿は、ウォーリーの愛らしい
仕草のおかげで、寂しそうだけど実は結構楽しんでいるんじゃないかと思えてしまう
のです。何ともいじらしい。

仕事を終えて帰宅したら、キャタピラを脱いで家に上がる仕草なんざ、お行儀の良さに
思わず褒めてあげたくなります。

で、その旧型ロボットのウォーリーは地球に降りてきた探査用新型ロボットのイヴに
一目惚れするわけですが、プレス資料によるとイヴは「真っ白に輝くピカピカのボディ
を持った”天使”」というような事が書かれてあります。しかし彼女はヒロインと言うより、
どっちかというと「姐さん」的なキャラで、おもむろにキャノン砲をブッ放したり、ウォー
リーの部屋でドッカンドッカンと重たそうな音を立ててダンスを踊ったり、ウォーリーの
宝物を壊してしらばっくれてみたり、結構ガサツな一面があるんですな。

言うなれば「ちょっと気の強そうな年上のお姉さんと、彼女に一目惚れして、気を惹く
ためにあの手この手でアプローチを試みる純朴な少年のラブストーリー」といった感じで、
ウォーリーの一生懸命な姿と「無償の愛」に胸を打たれるんですよ、これが。柄にもなく
「純愛っていいなぁ」と思ったり。

ちなみに29世紀のアメリカはBNLという巨大企業が国を動かしているという設定なの
ですが、実際にありそうな話ではないかと思います。つい最近も、アメリカの自動車
業界ビッグ3が公聴会で政府に向かって「俺たちに公的資金を導入しないと国の
経済がとんでもない事になるぜ」と脅しをかけている姿がTVで放送されていましたが、
アレを観ていると「巨大企業のほうが政府より力があるんだろうな」と思わずにはいら
れません。結局、公的資金を導入する方向に進んでるみたいですし…。

話が逸れましたが、『WALL・E』の音楽はアンドリュー・スタントン監督と『ファインディ
ング・ニモ』(03)で仕事をしたトーマス・ニューマンが担当しています。基本的に全編
オーケストラを使ったスコアなのですが、普通SF映画で使わないような民族楽器
(ジュンジュンとかエオリアン・ハープとかヴァリハとか…)を大量に導入しているあたりが
実にニューマンらしいのではないかと思います。聴いていて気持ちいい曲、トボけて
いて微笑ましい曲、シンフォニックな曲などバリエーションも豊富で、もちろんウォーリー
お気に入り『ハロー!ドーリー』(69)の挿入歌も収録されています。

日本盤はテーマ曲「Down to Earth」の歌詞対訳がついているので、詞の内容が
気になった方はぜひぜひエイベックスより発売中の日本盤サウンドトラックを
お買い求め下さい。

『ウォーリー』オリジナル・サウンドトラック

音楽:トーマス・ニューマン
品番:AVCW12706
定価:2,600円

   

floating 6 pupas

先週の日曜日、PUPAの東京公演(@渋谷C.C.Lemonホール)に行ってきました。

リキッドルームのお披露目ライブもすごく良かったのですが、やっぱりアルバムを
じっくり聞き込んでから観るライブは格別だなぁ〜と思った次第です。

生楽器と電子音が奏でるハーモニーが実に心地よいライブでした。まさに夢心地。
しかも今回はPUPAの曲だけではなく、高野寛さんの新曲”LOV”や原田知世さんの
“Are You There”(バカラックのカヴァー)、”ロマンス”、(高橋)幸宏さんの”ETERNITY”に
懐かしの名曲”It’s Gonna Work Out”(!)まで披露してくれるなどサービス満点。
そういえばNHKホールの”Wild & Moody”ツアーの時もこの曲で盛り上がったなぁ〜
などと20数年前の興奮がふっと蘇って参りました。

幸宏さんの生ドラムも”Unfixed Stars”、”Sunny Day Blue”、”Glass”、”Are You There”、
“ロマンス”でたっぷり堪能出来ました。

特別ゲストの細野さんは”Glass”、”Are You There”、”Creaks”とアンコールで登場。
ウソかホントか分かりませんが、リハなしのぶっつけ本番でベースを弾く事になったそうで、
演奏前に「これどういう曲だったっけ?」みたいな感じで譜面をしげしげと眺めるゆる〜い姿が
妙に印象に残ってます(幸宏さんに「おジイちゃんじゃないんだから」とか言われていたような)。

もちろん演奏はバッチリ決まってました。あの太いベース音がうねって幸宏さんのドラムと
渾然一体になる気持ちよさは、ファンの方にはもう説明不要でしょう。

当日は映像収録していたので、たぶんDVD化されるんじゃないかと。
ついでにライブ盤も出てほしいなぁ。

ちなみにワタクシはプレミアムシートのチケットを購入したのですが、特製ブックレットは
先頃のリキッドルームや夏フェスの写真集と、リキッドルームのライブ映像4曲+”Anywhere”の
PVを収めたDVDといった感じの内容です(仕事が忙しくてまだDVD本編を見ていないのですが)。
グッズを買い漁ったうえに、10日にはYMO(HASYMO)のロンドン/スペイン公演のCDが出るので、
今月は散財決定です。

終演後、恐らくこれからPUPAメンバーの楽屋に向かうと思われる鮎川誠さん&シーナさんを発見。
相変わらず「ロッカーです!」というオーラを放っていてカッコよかったです。

   

スピード・レーサー

映画『スピード・レーサー』のDVDがリリースになりました。

ワタクシがこの映画のサントラ盤ライナーノーツの仕事を担当したのは、
5月中旬頃でした。サロンパスルーブル丸の内の完成披露試写で本編を
見たのですが、極彩色のギラギラしたヴィジュアルに目がヤラレました。
DVDを見る時は、お部屋を明るくして鑑賞することをお勧めします。

資料によると、ウォシャウスキー兄弟は「ファミリー映画を作りたかった」と
言っているようなのですが、ううむ、どうなんだろう。この作品は懐かしの
アニメ『マッハGoGoGo』をハリウッドで実写化したもの。となればターゲットは
「子供の頃にアニメを見ていた大人」なのではないかと思うのですが、
それならシナリオをもっと大人向けにした方がよかったのでは?とワタクシは
思いました。

しかし、来年公開予定の『ドラゴンボール』実写版の出来がかなりヤバそうな
感じなので、それに比べたらこの映画は『マッハGoGoGo』への愛やリスペクトに
溢れていて、真摯な映画になっているんじゃないかと思います。

…とまぁ、内容的には難点もあるのですが、音楽は文句のつけようがありません。
『Mr.インクレディブル』(04)や『M:I:3』(06)のマイケル・ジアッキノが作曲を担当して
いるのですが、全編ド派手なオーケストラ・サウンドをカマしてくれておりまして、
これが実に気持ちよくて最高なのです。

ジアッキノ自身、子供の頃に原作アニメに熱中していたクチらしく、越部信義氏の
作曲したテーマ曲のメロディーをスコアの中に引用しているので、聴いていて
何とも懐かしい気分にさせてくれます(エレキギターの音も何となくレトロっぽいし)。
テクノ/ハードロック系のスカしたサントラにしなかったあたりに、原作のイメージを
大切にした製作スタッフの「愛」を感じます。

CDのハイライトは、何と言ってもエンドクレジットで流れる[20]の”Speed Racer”
でしょう。オリジナル主題歌のインスト・カヴァー曲なのですが、日本の歌謡曲の
雰囲気を忠実に再現したアレンジと、サンプリングされた「マッハGo!」の掛け声に
感涙必至。リップサービスで「日本のアニメは最高だぜ!」とおっしゃって下さる
ハリウッドの方がよくいますが、ジアッキノの『スピード・レーサー』愛はホンモノです。
多分。

国内盤CDはランブリング・レコーズより発売中。

『スピード・レーサー』オリジナル・サウンドトラック
音楽:マイケル・ジアッキノ
品番:GNCE7024
定価:2,625円

   

X-ファイル:真実を求めて

本日は今週7日から公開になる『X-ファイル:真実を求めて』についてのお話。

ワタクシこの映画を20世紀FOXさんのマスコミ試写室で拝見させて頂いたのですが、
当日はあのゲリラ豪雨が猛威をふるった日で、試写室に着いた時には全身ズブ濡れに
なっておりました。ま、今となってはいい思い出かも(話のネタとして)。

厳寒のウェストバージニア州でFBIの女性捜査官が失踪。サイキックな透視能力を持つ
ジョー神父がFBIに捜査協力を申し出るものの、当局はその超能力の真偽が判断出来ない。
そこで彼らはFBIを引退したスカリーに接近し、どこかで隠遁生活を送っている超常現象の
プロ、フォックス・モルダーを探し出し、捜査協力を要請する…というのが物語の導入部です。

モルダーはTVシリーズ最終話で第一級殺人(実は捏造)の罪で死刑を宣告され、
スカリーやドゲットの協力で辛くも刑務所から脱走したわけですが、はてさて一体
どうやって現場復帰するのかと思ったら、「捜査に協力すれば過去の事は水に流す」の
ひと言で片付いてしまいました。あっさりしてるなぁ〜(笑)。
あんまり書くとネタバレになるので、これ以降の展開については書かないでおきますね。

1998年の劇場版第1作は宇宙人を題材にした大がかりなSFドラマでしたが、
今回はオカルト/サイコスリラーに仕上がってます。ぱっと見た感じ地味〜な感じは
否めませんが、個人的にはシーズン6への壮大な予告編のようだった前作より、
話がきちっと完結している本作の方が気に入ってます。
思ったよりモルダーもスカリーも老け込んでなかったのもポイント高いかも。

さて前回はスコア盤とコンピ盤の2種類のCDが発売されましたが、今回は1種類のみ。
『X-ファイル』の全エピソードの音楽を手掛けたマーク・スノウによる入魂のオーケストラ・
スコア20曲と、UNKLEがリミックスした「X-ファイルのテーマ」とボーカル曲の”Broken”、
劇中にFBI捜査官役で顔を出しているイグジビットの書き下ろし曲の合計23曲を収録。

TVだと予算の都合でシンセサイザーで補わなくてはいけない部分も、映画版だと
贅沢にオーケストラが使えるので、スノウのスコアも音に重みがあって迫力があります。
また、エンドクレジットで流れるUNKLEのクールでビートの効いた曲もカッコイイです。
特に「X-ファイルのテーマ」のリミックスが耽美的な感じでオススメ。

輸入盤とジャケットの異なる国内盤は、ユニバーサルミュージックより発売中。

『X-ファイル:真実を求めて』オリジナル・サウンドトラック
音楽:マーク・スノウ
品番:UCCL1130
定価:2,500円